おれ☆せん!

バイクネタが中心、ときどきアニメ、それ以外はTwitterで。

ようこそジャパリパーク(東武動物公園)へ!の巻

埼玉県のジャパリパーク(東武動物公園)へ行ってきました。

DSC_7741_R.jpg



前回多摩のジャパリパーク(多摩動物公園)には行きましたが、
http://suzudoza.blog84.fc2.com/blog-entry-1118.html

今回東武動物公園へ行った目的は、けものフレンズのコラボイベント。

中の人はミーハーでクソヲタなのでお察し。

DSC_7747_R.jpg



そんな中ちょっと失敗したのが東側から入場した事。

動物園と遊園地の混合施設になってますが、

東側は遊園地スペース、西側は動物園スペースとなっているので

動物園目的なら西側から入ったほうがいい。

DSC_7750_R.jpg



とりあえずフレンズ達を見ていってくださいというか

解説とかめんどくさいから撮った写真見ていって。

この日は気温が高い事もあってか、日陰でぐったりしてる動物が殆どでした。


キリンとかシマウマとか

DSC_7762_R.jpg
DSC_7757_R.jpg


アフリカゾウとかシロサイとか。

DSC_7786_R.jpg
DSC_7766_R.jpg


カバは暑かったせいかずっと水の中に潜ってました。

DSC_7794_R.jpg


ヤギとかカンガルーとか

DSC_7810_R.jpg
DSC_7814_R.jpg


仕事中の俺みたいな顔しやがってw

DSC_7813_R.jpg



でっかいネコ科のみなさんも暑さでぐったりしてました。

DSC_7977_R.jpg
DSC_7978_R.jpg
DSC_7984_R.jpg
DSC_7979_R.jpg
DSC_7983_R.jpg


熊かわいいねとか言ってた親子連れがいたけど、

山ん中で遭遇しても同じこと言えんの?

こんなん出てきたらベアクローで秒殺確定やろ。

DSC_7799_R.jpg



そんな時でもアライさんにお任せ・・・できる状況ではなさそうだw

DSC_7949_R.jpg
DSC_7954_R.jpg



コツメカワウソは水に入ったり

「たーのしー!」

って感じで元気でした。(訳:チョロチョロ動きまくって撮影しづらい)

DSC_7940_R.jpg
DSC_7943_R.jpg



ミーアキャットもチョロチョロしててかわいい

警戒心強い生き物だと思ってましたがそうでもなさそうだ。

DSC_7958_R.jpg
DSC_7964_R.jpg
DSC_7974_R.jpg


残念、それは私のおいなりさんだ!

DSC_7975_R.jpg



今回は鳥類の写真を多めに撮ったので

ここからは鳥の写真を載せていきます。


ダチョウ

DSC_7756_R.jpg
DSC_7772_R.jpg


この人を小馬鹿にしたような顔がよいw

DSC_7774_R.jpg



インコとチンコって似てるよね

DSC_7819_R.jpg



フラミンゴ

DSC_7781_R.jpg



シロフクロウさんはちょっとお疲れ気味?

DSC_7859_R.jpg



長い足と長いまつげで女子力高そうなヘビクイワシ

この足でヘビを蹴って気絶させて食べるそうな。

DSC_7862_R.jpg

DSC_7869_R.jpg


ヘビクイワシはヘビ以外にも小型の哺乳類も捕食するため、

サーバルキャットの赤ちゃんの天敵となります。

DSC_7868_R.jpg


そして東武動物公園で有名な鳥といえば

そうだね、ペンギンだね!

DSC_7836_R.jpg


ここではフンボルトペンギンとオウサマペンギンの2種類が飼育されてます。

DSC_7824_R.jpgDSC_7834_R.jpg



今回のけものフレンズコラボイベントで有名になったのがグレープ君(紫のバンドを付けたやつ)

DSC_7911_R.jpg


コラボイベントでフルルのパネルが設置されてから

ここから離れなくなったとかなんとか。

DSC_7914_R.jpg


飼育員と見間違えている説とかあるそうですが、

過去に嫁を寝取られた事から二次元に走った説が濃厚かもしれない。

ペンギンの世界でも三次元は糞である。分かります。

DSC_7909_R.jpg


イベント終わってパネルが撤去されたらどうなるか少し心配である。



あと、遊園地スペースで久々に絶叫マシンに乗りたいと思って

木造ジェットコースターに乗ってみました。

平日で他の客がいないので乗ってるのは俺だけw

DSC_7988_R.jpg


普段オートバイというある意味絶叫マシンに乗ってる身からすれば

楽勝楽勝と思ってましたが・・・


ダメでしたw

DSC_7989_R.jpg


左右のバンクの動きはいいのですが、上下の動きというか特に落下の動きが・・・

でもフルフェイス被ってあと2~3回乗ればいけるはずw


そんなこんなで東武動物公園のけものフレンズコラボイベントは今月25日まで!

DSC_7742_R_201706230307028dd.jpg


まだの人はお早めに。

以上

=================================
同じ埼玉県にあるアライヘルメットさんに「頭部の保護はアライさんにお任せなのだ!」と言ってほしい。
にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ にほんブログ村 バイクブログ ヤマハへ にほんブログ村 バイクブログへ

スポンサーサイト
  1. 2017/06/23(金) 03:08:20|
  2. 日記
  3. | コメント:0

経験値上昇(常勝)中☆の巻

みなみけ2期なんて無かったんや!(挨拶)


仕事が障害対応続きでむしゃくしゃしてたので

シグナスのリアサスをポチりました。

R0000880_R.jpg



今回購入したのはJOSHO1J3Sというサスペンション。

車高調とプリロード無段階調整機能が付いてるガス式のサスペンション。

JOSHO1は常勝とか上昇という意味らしいが、

台湾でスクーターレース活動をしながら商品開発を行っているメーカーとの事。

常勝というだけあってスクーターレースでも勝ちまくってるとかなんとか。



J3Sについてはインプレとかが全く無かったのでバクチ要素高めですが、ヒトバシラー精神で入れてみました。

減衰や伸びの設定は付いていませんが、峠やサーキットを走り込むわけでもないので

プリロードか弄れれば充分と考えています。

R0000881_R.jpg



ざっくり測ってみるとこんな感じ。

全長(車高調全締め):320mm

プリロード初期値:165mm

インナーチューブ最大ストローク量:55mm


スプリングレートと自由長は不明だか、アジャスターが手で回せるくらい軽いです。

R0000883_R.jpg



ツインサスなので交換は片方ずつサスペンションを外して新しいのを付けるだけ。

まったく簡単だ。

ちなみにサスペンション下部のコの字ブラケットはノーマルより厚みがあるので

ノーマルのボルトがそのまま使えません。

別途M8×35mmのボルトを用意する必要があります。

R0000885_R.jpg



交換後はセッティングというかサグだし。

基本的にサグ出しのやり方はプリロードを0G(サスペンションが伸び切った状態)から

1G'(車体と人の重量が加わった状態)でサスペンションが1/3沈むように設定すればいいらしい。

http://motofreak.jp/?p=4040



最初は初期値から10mm締めて155mmにしたところ、

1G'で沈み込み量が16mmとやや強め。

走り出すとゴツゴツしてて乗り味が悪い。


5mm緩めて160mmにしたところゴツゴツ感は無くなったが、

サスがフルボトムしてて危険が危ない。



なんやかんやでプリロード初期値から8mm締めの157mmで

1G'状態で沈み込み量が18mm(約1/3)となって乗り心地も問題なし。

残りストローク量も約10mmとなったので

とりあえずセッティングが出たかな?という感じです。

R0000893_R.jpgR0000894_R.jpg


サスペンションセッティングについてはあまりどうこう言えるほど

詳しくはないし違いの分かる大人ではないのですが、

原付とはいえプリロードが数ミリ違うだけでも結構変わるものなんだなと思った次第です。


これより安い怪しい社外リアサスがヤフオクで氾濫してますが、

ああいうのでもちゃんとセッティングすれば使い物になるかもしれない。

(使い物になるとは言ってない)



そんで今回のJOSHO1 J3Sのインプレですが、

ノーマルのフワフワした感じに比べてJ3Sはメリハリのある動き。

それでいて道路の細かいギャップはいい感じで吸収してくれている。

カーブを曲がる時も安定するようになったし、サスがちゃんと仕事しているんだろうという印象。

R0000891_R.jpg



とりあえず


しなやかでコシのあるサスペンション(テンプレ)


とだけ言っておきます。

こう言っとけば間違いない(盆栽感)



あとはリアが良くなった分、フロントが気になりだしたので、

距離も走ってる事だし近いうちにフロントサスのオーバーホールをやらなきゃという感じです。


以上

=================================
役に立たないシグナスXの社外リアサスのインプレを増やしてしまった・・・
にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ にほんブログ村 バイクブログ ヤマハへ にほんブログ村 バイクブログへ

  1. 2017/06/05(月) 01:19:06|
  2. シグナスX
  3. | コメント:0

ネタバレ:静岡長い。の巻

今年もアメリカ大陸(静岡県)はデイトナ本社の

デイトナ茶ミーティングに行ってきました。

R0000838_R.jpg



今回は距離を稼ぐ為にTL1000Rを出したのですが、

111111kmを達成しました。やったぜ!

ちなみにこれ撮るために一度高速降りました。

R0000834_R.jpg
R0000836_R.jpg



今回はとにかく試乗で乗りまくってきたので

役に立たないインプレ(小学生並みの感想)を書いていきます。



KTM 1290SUPER ADVENTURE S

R0000840_R.jpg


本当はSUPER DUKE Rに乗りたかったのですが、

今回は試乗車が他のイベントに駆り出されているとかで

同じエンジンのSUPER ADVENTURE Sに乗ってみました。


乗ってみた印象としては、

SUPER DUKE Rみたいな過激な印象が無い???

どうやらSUPER ADVENTUREはSUPER DUKE Rよりもセッティングが

マイルドな方向に味付けされているとか。


あと、この車格から察する通り足つきが悪いw



Indian SCOUT?

R0000842_R.jpg


インディアンのスカウトとして試乗車が用意されていたはずが

どう見てもヴィクトリーのOCTANEです。ありがとうございました。

車格やスペックはほぼ同じらしいので特に問題は無い。

東京MCショー以来ですが、軽くて楽しい。

ただ、曲がるたびにステップ擦りすぎてつらい。



ここで小休止。

ジャンクフードを食べつつ色々見学。

R0000849_R.jpg
R0000850_R.jpg
R0000872_R.jpg



今回人が多すぎて試乗を諦めたMT-10SP

オーリンズの足周りはとにかくちゃんと動くw

ちなみに前後のオーリンズは某モータープロダクツ製ではなく

オーリンズの正規品らしいです。

R0000852_R.jpg
R0000854_R.jpg




KTMのブースでも先に書いたSUPER ADVENTUREの味付けの件も含め

色々話を聞きましたが、控え目に言ってSUPER DUKE R欲しい。

R0000848_R.jpg



トライアンフのボンネビルボバーはなかなかカッコイイし

シート下の変なリアサスも興味深い。

まあ、リアサスはただのリンク付きリアサスなんだけどね。

R0000846_R.jpg
R0000847_R.jpg



駐輪場を見学したところ色々高価なバイクや変なバイクが並ぶ中、

R0000862_R.jpg
R0000878_R.jpg



TL1000Rいたー!

R0000856_R.jpg



今では自分のヤツ以外ネット上にしかにしかいない概念みたいなものだと思ってましたが

まだ存在してたとは・・・

(オーナーさんはTwitterのフォロワーさんでした。)

R0000860_R.jpg




午後からの試乗です。


トライアンフ ボンネビル T120

R0000874_R.jpg


トライアンフのパラツインは以前から興味がありましたが、

トライアンフのブースでボンネビルボバーのエンジンを掛けさせてもらって

乗りたくなったので試乗してみました。


どちゃくそパワーあるとかそういうバイクじゃないけど、

景色のいい道をまったり走るにはいいバイクかなという印象。



Indian Springfield

R0000875_R.jpg

インディアンのでかい方。

少し前にハーレーのストリートグライドを試乗したのですが、

それと同じ感じかな?と思って乗ってみると


なにこれ!めっちゃ楽しい!!!



エンジンのドコドコ感とか振動がめっちゃダイレクトに来るのね。

調べてみると、ハーレーのストリートグライドが鉄フレームにエンジンがラバーマウントされているのに対して

インディアンのスプリングフィールドはアルミフレームにエンジンがリジッドマウントされているとか。

MT-01とほとんど一緒やん、楽しくないはずがないw



KTM 125 DUKE

R0000876_R.jpg


このサイズのミッション車に興味があったので乗ってみました。

ギアチェンジが忙しいけど、エンジンぶん回して走るの楽しいです!


あとWPの前後サスペンションがいい仕事してる。

しっかりメリハリのある動きでコシのあるさながら讃岐うどんのようでした。

このクラスの車両にちゃんとしたサスペンションが最初から付いているのはポイント高い。


ちなみにお昼休憩中に先導者のNinja250SLに跨ってみたら

サスペンションがフニャフニャでこちらは九州うどんって感じ。

ていうか日本メーカーもうちょっと頑張れよ。



じゃんけん大会は何も取れずでしたが、なかなか楽しめた1日でした。

R0000877_R.jpg


以上

=================================
SUPER DUKE Rを略すとSDRになるからKTMはYAMAHA
にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ にほんブログ村 バイクブログ ヤマハへ にほんブログ村 バイクブログへ

  1. 2017/05/30(火) 15:42:53|
  2. ツーリング
  3. | コメント:2

13年目のなんとやら。の巻

2005年の5月に買ったTL1000Rも13年目に突入!

特に珍しい事をやったわけではないけど最近ブログの出番が少ないので

毎年恒例のメンテナンス祭りの内容を書いていきます。



5月頭のソロツー途中でニュートラルランプが死んだので交換。

デルタのLEDバルブ(T5/T6.5共用タイプ)を購入。

R0000802_R.jpg

LEDバルブって普通に買うと高いのな。

R0000804_R.jpg



チャージモッドマイナス側施工。

R0000801_R.jpg


プラス側は施工済みでしたが、マイナス側施工して

バッテリーまで直で引っ張りました。

アイドリングで14V超えててちょっと感動。

R0000805_R.jpg



ブレーキパッドが怪しい状態だったので

ディスクローター交換前に使ってた使いかけのメタリカパッドを再利用。

(写真は終わりかけの方)

R0000810_R.jpg



あとフロントスタンド便利です。

R0000811_R.jpg



あとはプラグ交換とか

R0000807_R.jpg



エアクリ清掃とか内圧コントロールバルブ清掃とか

R0000809_R.jpg



メンテナンス完了後はいつもの宮ヶ瀬コースへ。

R0000816_R.jpg



まだまだ元気に走ります。

R0000819_R.jpg



以上

=================================
エアクリ外したときにインマニからバルブ覗いたらカーボンがびっしり付いててスロットルそっと閉じ。
にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ にほんブログ村 バイクブログ ヤマハへ にほんブログ村 バイクブログへ

  1. 2017/05/23(火) 00:12:06|
  2. TL1000R
  3. | コメント:0

ダンモトに消音を求めるのは間違っているだろうか?の巻

単純にこのタイトルを使いたかっただけですw


シグナスのマフラーの件、音的にもうちょっと何とかならんもんかと思って

久々の登場、TLさんからダンモト管を引っこ抜くやろ?

R0000732_R.jpg



インナーバッフルにステンレスたわし詰めるやろ?

R0000731_R.jpg

R0000733_R.jpg



完成。

R0000734_R.jpg



アイドリングはノーマルと同等。これはいい感じだ。


実際走ってみると


全然吹けねぇ!!!



今度はインナーバッフルからたわしを外して走行。


めっちゃうるせえ!!!



インナーバッフルの構造でサイレンサーの壁面に排気が当たるようになっているが、

そのせいかめっちゃ低音が出まくってます。

しかしこれでは通勤時の朝晩に家の前でエンジンは掛けられない。



ただ、うまくやればいい感じに消音出来そうなので

シグナス用にダンモト管を購入。

R0000736_R.jpg



購入はTLの時と同じくLCIさんから。

そして差込口が微妙に合わなくて1度送り返すところまで一緒w

http://suzudoza.blog84.fc2.com/blog-entry-805.html



で、次の消音対策としてこのインナーサイレンサー

R0000737_R.jpg


中にメッシュみたいなのが入っていて、外側に筒が被せてあるタイプ。

R0000738_R.jpgR0000739_R.jpg



こいつを付けて走ってみたところ、排圧はリアライズ管より抜けがいい程度。

しかし、音がうるさいというか耳につく。

排気は絞られているものの、インナーサイレンサーの形状で

排気がエンド側にまっすぐ出ていくのでどうしても排気音が耳に付いてしまう。



で、次に試したのは元々の筒なしインナーバッフルにステンレスたわしを外側に巻きつける作戦。(画像左側)

R0000800_R.jpg


内側に詰めたら排気が抜けなくなったので外側に巻けばいい感じになるんじゃないかと思ってやってみたら


うむ!いい感じ!


音も抑えられて出だしもいい。

上は少し吹けなくなったものの支障のないレベル。


ただ、なんでか知らんけど走ってるうちに音がデカくなる件。

走ってて耳に付くしこれは何とかしなければならない。



で、最終手段エンドバッフルを付けます。

R0000792_R.jpg



物は南海部品製エンドバッフル

インナーパイプの有無で出口の径が2種類選べるだけでなく

38mmから63mmまで1mm刻みでラインナップがあるので

幅広い口径に対応しています。

R0000793_R.jpgR0000794_R.jpg



ダンモト管のエンド径に合うのは61mm

固定用の穴をドリルでぶち抜いて取り付け完了。

R0000797_R.jpg
R0000798_R.jpg



エンドバッフルとインナーバッフル2種類をそれぞれ組み合わせてみた。



ステンレスたわしバッフル+エンドバッフルだと

音量はノーマルとほぼ同等。抜けはあまりよろしくない。



筒付きバッフル+エンドバッフルだと純正よりちょっと音が大きい程度だが、

音量は十分に抑えられている。

この組み合わせで乗ってみた感じ、排圧が掛かって出だしも良く

上も回るのでしばらくこの組み合わせでやっていきます。



なんだかんだで金と時間が掛かってしまったので


結論としては

純正最高w


以上

=================================
音で注意されたら純正に戻そうかな。(戻すとは言ってない)
にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ にほんブログ村 バイクブログ ヤマハへ にほんブログ村 バイクブログへ

  1. 2017/05/18(木) 01:47:49|
  2. シグナスX
  3. | コメント:0
次のページ

ここの人

すずどざ

Author:すずどざ
TL1000RとかMT-01とかのバイクのお話がメインで
その他いろんな事をgdgd書いてる
日記みたいなサムシングです。

twitte

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

RSSフィード

ぬるぽ