加工すればポン付け!(ヘルメットホルダー編)の巻

以前DUKEに付けようとして付けられずにその辺にぶん投げてた

キジマのヘルメットホルダー

R0012857_20190322003325ece.jpg


無事加工してポン付け出来ましたのでご報告致します。

R0013448.jpg



何処をどう加工してポン出来たかと言うと

ヘルメットホルダー側を加工したと思うでしょ?


実は

タンデムステップのボルト穴を9mm→10mmに広げました。

R0013447.jpg
R0013446.jpg



この原因を図に書いて説明出来ればいいのですが、

絵心が100点満点の3点レベルなので文章で書くと


・タンデムステップのボルト位置に2箇所が平行ではなく角度が付いてる

・タンデムステップをフレームに密着させないとボルトが付けられない(クリアランス無し)

・ヘルメットホルダーのベースが入る事でフレームとタンデムステップに距離が出来る

・これによってフレームのボルト穴とタンデムステップの穴の位置がズレて
 ボルトが斜めに入ろうとしてしまう。



この説明も100点満点の3点だなw


要はタンデムステップのボルト穴にクリアランスが無いから広げましょうって事。


なので、タンデムステップを外してヘルメットホルダー単体で付けるならそのまま付きますし

ヘルメットホルダー自体は加工不要です。



加工しなきゃ付かないキジマ製品大丈夫かよと言ってしまった事については

キジマさんスイマセンでしたッ!

(でもタンデムステップ要加工的な説明は欲しいよねとフニフニ)



実際ヘルメットホルダー使ってみると結構ベンリィですね。

ロックも解除もそんなに手間じゃないですし、

300円のカラビナ引っ掛けて使ってたのに比べると安心感が違います。

まあ、それだけなんですけど。



1290SUPER DUKE Rヘルメットホルダー取り付けまとめ

・タンデムステップ付けなきゃポン付け

・タンデムステップ共締めするならタンデムステップの穴を広げる

・キジマのヘルメットホルダーはいいぞ!(唐突なヨイショ)


以上
=================================
キジマとキタコと時々間違える
にほんブログ村 バイクブログ KTMへ にほんブログ村 バイクブログ ヤマハへ にほんブログ村 バイクブログへ
スポンサーサイト



[ 2019年08月15日 00:08 ] カテゴリ:1290SDR | TB(-) | CM(0)

磁力は全てを解決する!の巻

MTよりDUKEの稼働率が高いせいか

3000km超えて2回目のオイル交換がやってきました。



前回、2000kmで交換すると言ったな。

2012071800114137a.jpg



オイル交換の内容は前回書いた通りで特に代わり映えしませんが、

ちょっとした小ネタを投下します。



鉄粉製造機とも云うべきLC8エンジンのオイル交換では

オイルフィルターの毎回交換が推奨されています。


このフィルターを外す時はスナップリングプライヤーを広げて

フィルターの段差に噛ませて引き抜くという手順になっていますが、

スナップリングプライヤーが噛まなくてなかなか外せないッ!

filter.jpg



そこでオイルフィルターを簡単に外す方法を紹介します。


用意するのは中心に穴の空いたネオジウム磁石(ホムセンで数百円)

そこへどのご家庭にもある適当なボルトとナットを取り付けます。

R0013396.jpg



あとはくっ付けて

R0013397.jpg


引っ張るだけ!まったく簡単だ!

R0013398.jpg


これなら億劫なフィルター外しが楽々の楽ちんこなのでどんどん真似して。



応用効かせれば色々やりようはあるかと思いますが、

「俺スナップリングプライヤーで簡単に外せるぜ!(ドヤァ」

という糞マウントはいらないので1人でスパーリングやっててどうぞ。


LC8エンジンのオイルフィルターは
磁石(そこそこ強力なやつ)で外せ!



ちょっとした小ネタですが参考になればと思います。


以上

=================================
今回も鉄粉がいっぱい出ました。
にほんブログ村 バイクブログ KTMへ にほんブログ村 バイクブログ ヤマハへ にほんブログ村 バイクブログへ
[ 2019年06月17日 23:46 ] カテゴリ:1290SDR | TB(-) | CM(0)

オーバースペックQ太郎略してオバQ!の巻

MT-01のタイヤを交換しましたので、

今回も素人目線の糞の役にも立たない感想文を垂れ流していきます。




1.α14のインプレ


今まで履いてたα14ですが、走行距離としては約7500km

高速道路ばかり走ってたせいか見事にサイドが余って真ん中が無くなりましたw

R0013376.jpg
R0013377.jpg


前後同じくらいに減るし、タイヤ減ってから極端に挙動がおかしくなるよう事も無し。

グリップは申し分ないし、冬走ってて不安な感じも無し。

抜き出た特徴は無いにしても最初から最後までバランスのいいタイヤだったなという個人的印象です。




2.新しいタイヤ



またα14をお代わりするか、S21に戻すか。

S21の後継であるS22が出たのですが、出たばかりで正直高い。


それよりも気になったのが同じ時期にダンロップから出たQ4というタイヤ。

元々アメリカのダンロップが開発したタイヤで先にアメリカで販売されていましたが、

今回日本でも販売されるようになりました。

R0012467.jpg


特徴はフロントとリアで剛性が異なり、ツーリングタイヤみたいなカッチカチのフロントに対し

指で押すとぷに穴かと思うくらい柔らかいリア。

R0012468.jpg


過去バイクイベントで展示されてるタイヤを触ってみましたが、その差は驚くほどで

高剛性のフロントをガッツリ潰して一次旋回を高めて

柔らかいリアでトラクションを掛けやすくして二次旋回を高める



って感じですかね。知らんけど。


ハイグリップというかプロダクションタイヤ?で値段はS22と殆ど変わらず。

だったらS22履くならQ4でええやんって事と、

タイヤでMTの挙動がどう変わるかという部分に興味津々なので今回Q4にしました。




3.交換作業


いつものスピードスターへ。

平日休みをゲット出来たので、そのタイミングで交換してもらいました。


前日のスピードスターのTwitterで待ち時間3~4時間(平日)というのを見て

さわやか御殿場インター店の待ち時間状態になるのを避けて、朝一で持ち込みました。

R0013381.jpg
R0013378.jpg


なんやかんやで交換完了です。

このタイヤパターン、ヤバい(小並)

あと値段もヤバい(タイヤ代で出した金額、過去最高です)

R0013384.jpg
R0013383.jpg


リアは200/55にしましたが、チェーンやフェンダーの干渉無しです。

ちなみに今回200/55にした理由は

タイヤは太い方がカッコイイ!

という骨250オーナーが高確率で言ってそうなキッズ感丸出しの理由ですw

R0013382.jpg




4.初期インプレ



タイヤの感想というと「良くなった」とか「いい感じ」とか

オカルトグッズ試した時の感想しか出て来ない事が多いのですが、


このタイヤ、ヤバい(小並)


何がヤバいって二次旋回時にタイトなカーブでもグイグイ向きが変わって曲がっていくんですよ!

Q4のQはオバQのQと言っていいくらい走りが化ける!


柔らかいリアがMTのトルクに負ける事無くしっかり食って

強力な二次旋回を生んでいるのでは。知らんけど。


低い回転数で高トラクションを掛けられるMT-01だからこそ

その特徴が掴みやすかったのはあるかもしれない運転。


あとは車両重量にもの言わせてハードブレーキングで

高剛性のフロントを潰していけるかどうかってとこですが、

その辺はキッチリ出来ていない事もあって何とも言えないですし、

今後ちゃんと出来るかというと・・・微妙w




5.総評


Q4、凄いタイヤです。

アメリカ生まれの攻めのタイヤって感じで、スパコルとどう対抗していくかというのは見ものです。


使い方というか走り方を要求されるタイヤなので

ブレーキでフロントをキッチリ潰して

トラクションかけてリアをキッチリ潰す


というメリハリのある走りをしないとタイヤの性能が引き出せないのかなという印象です。


なのでどちらかと言うとサーキットで本領発揮するタイヤであって

一般公道ではキチゲェな走りをする人じゃないと持て余すかなと。


自分は勿論いつもニコニコ安全運転なのでタイヤを持て余すのは間違い無いです。


峠は走るけどバチバチに攻めたりはしないって人はα14で充分だと思うし、

こっちの方が扱いやすいのでは。

DUKEの次のタイヤはα14にするかも(するとは言ってない)


またセンターを削る作業が始まるお。


以上

=================================
今回はリアが先に終わりそう。
にほんブログ村 バイクブログ KTMへ にほんブログ村 バイクブログ ヤマハへ にほんブログ村 バイクブログへ
[ 2019年06月17日 23:26 ] カテゴリ:MT-01 | TB(-) | CM(0)

やるなら覚悟を決めて思いっきり!の巻

以前MT-01のくそ重スロットルを軽くする方法を書きましたが、正直変わらんです。

http://suzudoza.blog84.fc2.com/blog-entry-1153.html


なので今回は思い切ってスロットルスプリングを加工します。


この加工を行う事でスロットルが戻らなくなる等の

不具合が出る可能性があります。

やるなら自己責任でオナシャス。




まず標準のスロットルスプリングですが、

いわゆる巻きタイプのスプリングが使用されています。

スロットルボディ側の引掛け位置がココに対し

R0013198_1.jpg


ケーブル側の引掛けがこの位置。

ここから左にグルっとスプリングのテンションを掛けて引掛け部分を掛けるので

そりゃあもうテンション掛かりまくりでスロットルも重いわけですよ。

R0013199_1.jpg


今回はこのスロットルケーブル側の引掛け部分を大胆にカットして、

引掛けた時の力を弱める作戦です。

サスペンションで言う「イニシャルを抜く」ってやつですな。


画像の通りテンションが半分くらいになる部分でカットして引掛けを作りました。

鋼線がめちゃめちゃ硬いので切断や曲げがやり辛いですが、

こんな感じで仕上がりも画像の線も汚く仕上がりました。

R0013200_1.jpg



加工したスロットルスプリングをセットして走ってみましたが、


スロットルすげー軽くなった!


これ。


スロットルバイワイヤのDUKEと同じか若干軽いくらいになりました。

(スロットルケーブルを清掃注油してる前提で)スロットル離した時もスパッと閉じるので問題無し。



ちなみにスロットルスプリングは単体で手に入らず、

スロットルボディASSY(2019/5/23時点 52920円)になるので失敗すると高く付きます。


やるなら覚悟を決めて思いっきりやっちゃって下さい。


自分はスロットルボディもう1個持ってたのでそちらのスプリングを加工して付け替えましたが、

保険かけた自分が言ってもあまり説得力がないw


MT-01のスロットルが重くてお悩みの方は

参考になるか分かりませんが、参考にしていただければと思います。

以上
=================================
スロットルスプリング、数まとめて作ってもらうのもいいかもしれない。
(やるとは言ってないし、そもそも数が集まらない)
にほんブログ村 バイクブログ KTMへ にほんブログ村 バイクブログ ヤマハへ にほんブログ村 バイクブログへ
[ 2019年05月23日 01:11 ] カテゴリ:MT-01 | TB(-) | CM(0)

加工すればポン付け!の巻

DUKEに付けてたオースティンレーシングの腹下ショート管ですが、

走行中にバッフル(人権)を落としてしまいました。


代わりのバッフル付けて走ったりしてましたが、

やはり消音しきれないほどのショート管では正直乗ってて耳障りで敵わない。

R0013235.jpg




1.新しいマフラー入手


そんな中、こういう物を手に入れましてね。

月木レーシングスリップオンマフラー

R0013152.jpg


触媒を除去して取り付けるタイプのやつでメーカー廃番製品になります。

かなりのレア物らしく、ヤフオクに出品されていて速攻で落札しました。

ちなみに入札者俺だけ。

札束で殴り合うMT-01界隈とは大違いですw


これが欲しかった理由はサイレンサーの差込み部分がφ60.5で

汎用管ぶっ挿して遊べるからという理由。

R0013153_20190521225637afe.jpg


なので、水冷Vツインにはカーボンでしょ!

という謎のポリシーがあるので同じくヤフオクで中華カーボン管を落札。

R0013154_201905212256387d6.jpg


サイレンサー長400mm、インナー径60mmというメーカー品だとなかなか無い物で、

紫外線に弱いとされるカーボンにUVコートもしてあり中華のくせに物は良さげである。

(付属バッフルのバリを見てそっと目を瞑る)




2.加工すればポン付け(月木エキパイ)


早速取り付けようとした所、どう頑張ってもパイプが付けられない。

よく見るとガスケットを合わせる傘の部分が、ノーマルと比較して明らかに伸びて(?)いて

固定用のバンドが噛まなかったわけです。

R0013257.jpg


こいつは傘の部分に印を付けてグラインダーでカットし、

合わせて内側のパイプもカットして取り付け出来ました。加工すればポン付け。

R0013258_201905212300429a3.jpg

※加工後の写真は汚いので省略


というか前の持ち主どうやって付けたんだ???


あとはサイレンサーに中華カーボン管をぶっ刺せば…


刺さらないッ!


サイレンサー側はキッチリ60.5ありましたが、パイプ側は微妙に大きい…?


他の60.5のサイレンサーは普通に挿さるし、

中華カーボン管を他のパイプに挿しても普通に挿さる。


どっちが悪いかは微妙ですが、肉厚のあるサイレンサー側の内径を削る事にして、

とりあえず付属の月木サイレンサーを装着。

R0013261.jpg




3.インプレ(月木サイレンサー)


月木サイレンサーはインナーバッフルが付いていたのですが、

外した拍子にネジの固定部分が割れてもげました。

恐らく排圧に耐えられず、ダメージが蓄積されていたものかと。

R0013259.jpg

そのせいかサイレンサー本体の隙間からグラスウールが飛び出してる始末。


走行音は音質としてはオースティン管より管長が長いのもあってバリバリ音も無く

Vツイン特有の低音(底辺)サウンドが強調されています。


昔TLで付けてたデビル管みたいな音で個人的には良かったのですが

インナー60mmのストレート、エンドの絞り無しという事で音量の問題で人権回復には至らないです。


バッフル付けて運用するにもサイレンサー自体かなり痛みが激しいので

サイレンサー自体さっさと変えてしまった方がいいでしょう。




4.加工すればポン付け(中華サイレンサー)


そして内径を削る事にした中華サイレンサー、

金属砥石を電動ドリルに付けてしこしこ削っていたのですが、

差し込み部分が硬いステンレス素材というのもあって全然削れない!


ここは覚悟を決めて大枚(2400円)はたいてリューター用の超硬ビットを購入。

20000rpmでブン回したら明らかに金属粉の出方が違う!


瞬殺でした。やったぜ!


DSC_0951.jpg



そんな感じで無事中華カーボン管の取り付け完了。加工すればポン付け。


最近はDUKE含めて300mmクラスのショート管がトレンドになってきてるけど、

あえて時代を逆行したロング管という選択肢もなかなかキマってるなと自画自賛。

R0013302.jpg
R0013303.jpg




5.インプレ(中華サイレンサー)



取り付け後にテスト走行した所、


めっちゃ静か!!!


DUKEなだけにこれぞ貴族のサウンドというか

正直ノーマルとあまり変わらなくね?


ロング管で消音性能が上がったとか

排気口が着座位置から遠いとか

エンド部分が絞られてるとか


色々ありそうですが、

これはもう人権戻ったどころか上級国民認定みたいなものだろ!

R0013313.jpg



宮ヶ瀬のふれあいに行った時にシュナさんがいたので、音を聴いてもらい

ギリギリアウト

の判定を頂きました。(´・ω・`)



確かにトンネル走ると反響音が凄い事なってるし

今までのサイレンサーのせいで感覚がおかしくなってると言われると否定出来ない。

ていうか今までのオースティン管や月木サイレンサー、どんだけ酷かったんだよw



これでギリギリアウトなら付属バッフル付けりゃOKだろうし(付けるとは言ってない)

これ以上求めても仕方ないのでこれで打ち止めとします。




6.墓迄レーシング


このサイレンサーを購入した際に出品者からオマケで

ヨシムなんちゃらとか、アクラポビなんちゃら等のステッカー

またはエンブレムを付けますよと言われましたが、


そんなものはいらないッ!


メーカーの製品で無いものに別メーカーのステッカーやエンブレムを貼り付ける行為は

ドラッグスターのタンクにハーレーのロゴを貼るくらい糞ダサい行為だと考えています。


最後の仕上げにこれに付けるのはこいつや!

墓迄レーシング

DSC_0952.jpg


無縁単車墓地郡の喪主が数量限定で作った真鍮製マフラープレートです。

運良く販売告知ツイートを拾って即購入する事が出来ました。

※告知後約50分で完売した模様


メーカー問わず好きなサイレンサーに付けてくれという事なので

中華カーボンサイレンサーに付けます。


取り付けは位置決めしてドリルで穴開けて

R0013314.jpg


リベットで固定するだけ。

まったく簡単だ!

R0013315.jpg


リベットツールって初めて使ったけど、アルミリベットならともかく

ステンレスリベットとか絶対握力死ぬやろコレ。



とりあえず完成。めっちゃキマってる。

R0013319.jpg
R0013320.jpg


現行モデルのバイクにマイナー車紹介サイトのプレートとかどうなのよ?

というのはありますが、殆ど見かけないバイクだからまあいいでしょw




7.まとめ


運良く手に入れた月木マフラーは加工のラッシュでしたが、

いい感じに組み上がって見た目も音もいい感じになったので

何とか人権を回復する事が出来ました(人権があるとは言ってない)


それにしてもキジマに続き月木も車種専用パーツが加工すればポン付けレベルとか、

これからのメイドインジャパンの行く末が心配です。


サイレンサーについてはこれ以上音量や音質を求めるとオーディオと一緒で嵌まると沼化するので

これで暫く運用します。

以上

=================================
満足出来なくなったらツーブラ管と60.5アダプター買います。
にほんブログ村 バイクブログ KTMへ にほんブログ村 バイクブログ ヤマハへ にほんブログ村 バイクブログへ
[ 2019年05月21日 23:49 ] カテゴリ:1290SDR | TB(-) | CM(0)
ここの人

すずどざ

Author:すずどざ
MT-01とかのバイクのお話。

twitte
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ブログ内検索
月別アーカイブ