おれ☆せん! MT-01

バイクネタが中心、ときどきアニメ、それ以外はTwitterで。

あかるいハイビーム化計画!(成功)の巻

----------前回の裏スジ----------

MT-01のHiビームにクロライトのLEDバルブを入れてみたが、
明るさ、照射範囲共にハロゲンバルブ以下の装飾用LEDヘッドライトバルブだった。

http://suzudoza.blog84.fc2.com/blog-entry-1146.html

-------------------------

明るさ求めるなら放熱とコントローラが付いたものを使わないとダメだよね!

って事で今回導入したのが


スフィアライト ライジング2

R0010896_R.jpg



H7のLEDでプロテックやベロフ(byデイトナ)も候補に挙がっていたのですが、

問題は


ライト裏が狭すぎてコントローラが収まらない


という事でコントローラが小さいスフィアライトに決まりました。

R0010993_R.jpg



スフィアライトのライジングはCREEのチップを使ってたと記憶してますが、

2になってからはチップが変わってソウルセミコンダクター(ソウル半導体)製が採用されたとか。

R0010994_R.jpg



取り付けます。

Hiビーム部分の蓋を外してバルブを取り外して台座を取り付けます。

R0010990_R.jpg



既存の蓋は使えないので

R0010991_R.jpg


付属のゴムキャップを使います。

出っ張り部分は切り取ります。

R0010995_R.jpg



ゴムキャップを付けようとしたらバルブを抑える針金が干渉するので、

R0010996_R.jpg



ヨシムラもビックリの手曲げ加工で曲げました。

R0010997_R.jpg


ゴムキャップは普通に入れようとしたけどうまく入らなかったので、裏返したらドンピシャでした。

取り付けたら周りをビニールテープで目張りしておきます。

R0010998_R.jpg



LEDバルブを取り付けて電源はHiビームの配線ぶった切って平型端子差し込んで

ビニールテープを巻いて完了。

R0010999_R.jpg



試しに動作させてみましょう。

R0011000_R.jpg



うぉっ、まぶし!(テンプレ)

R0011001_R.jpg


点灯も問題なしです。



この日の夜は用事があったので翌日の夜、実際に点灯してみます。


写真じゃ分かりにくいですが、真ん中に光が集中しつつも

周りもバッチリ明るく、周りが暗かったクロライトとは雲泥の差。

R0011016_R.jpg


広い場所で確認。

こっちはLoビームのHID

R0011017_R.jpg


こっちはHiビームのLED

R0011018_R.jpg



めっちゃ明るいってわけではないですが、全体的にハロゲンバルブよりかは明るく、

LoビームのHIDとは光量のさが埋まった感じです。


ただ、照射範囲はハロゲンバルブにやや劣るというか

ヘッドライト自体がハロゲンバルブで使用する前提の設計だから仕方ないといえば仕方ない。



全体的には概ね満足のいく結果となり、これで夜道も安心アンコールワットです。

寿命とかはこれから見ていきますかね。


以上

=================================
結論:クロライトはゴミ
にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ にほんブログ村 バイクブログ ヤマハへ にほんブログ村 バイクブログへ

スポンサーサイト
  1. 2018/04/02(月) 01:29:02|
  2. MT-01
  3. | コメント:0

あかるいハイビーム化計画!(失敗)の巻

MT-01のヘッドライト、Hi側がH7という形式が採用されていますが、

Hi側に社外品のLEDヘッドライトバルブを入れようとした際に

取り付け部分に蓋が付いている為、放熱フィンやファンが付いているタイプだと蓋をブチ抜き加工したり

ゴム蓋に変えるとかの対策が必要になるのでそのままでは付かないのです。

R0010508_R.jpg



蓋付きH7というのはヤマハ車によく見られる仕様で

代表的なのがYZF-R25ですね。


R25でLEDバルブ付けるのにどういう風にやっているか?

というのを調べたところこんなものを発見。

クロライト H7 LEDヘッドライトバルブ GLN-H7
https://kurolight.jp/bikes/gln_h7/



ほう、コレなら無加工ポン付け余裕だな。

しかし、放熱や制御コントローラが無いから明るさや耐久性に不安が残る。

とりあえず物はお試しという事でポチッ。


届きました。

R0010505_R.jpg



チップは最近のLEDヘッドライトバルブでも使われているLumileds(ルミレッズ)製が採用されていて

発熱量も少ないのでこういうタイプにはうってつけなんだろう。

R0010506_R.jpg



点灯してみます。


うぉっ!まぶし!(テンプレ)

R0010507_R.jpg




装着は簡単なポン付け。

R0010509_R.jpg



ライトを戻してぶらっと走りに行きつつ夜になりました。

R0010514_R.jpg



点灯

R0010555_R.jpg



付けた瞬間「あっ(察し」て感じでした。


光が真ん中に集中して全体的に暗い。


ああ、これ駄目なやつや。

R0010548_R.jpg



放熱や制御コントローラが付いてないLEDバルブならこんなものかも知れないが、

正直そのままハロゲンバルブ使った方がいいレベル。



改めてメーカーのページを見ると

Screenshot_20180118-223019.png


【悲報】装飾用でした

2018-01-18_225400.jpg



ライトの形状によってはLEDに変えると暗くなる場合もあるけど、

これは物自体が何ていうかアレ。


明るさ求めるなら放熱やコントローラが付いたものを使いなさいってこったな。


以上

=================================
次はプロテック・・・ベロフ(デイトナ)もいいな。
にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ にほんブログ村 バイクブログ ヤマハへ にほんブログ村 バイクブログへ

  1. 2018/01/26(金) 13:24:20|
  2. MT-01
  3. | コメント:2

車検は通る通らないではなく通すもの!の巻

○○は車検に通りますか?(質問)

通りますかじゃねえよ、通すか通さねえかだよ!(回答)




先月の話になりますが、10月下旬にMTの2回目の車検通してきました。

排気系とEXUPはノーマルに戻すのはテンプレとして、

ポジション灯もライトの色と混ざって落とされる可能性を避けるために

青色LEDからバルブに戻します。



ヘッドライトはLo側にHIDを入れてますが、検査はHi側のみでLoとHiが別れて点灯するので

特に外したりはせずそのまま。



あとはミラー。

バーエンドミラーが付いてますが、大きさとか基準は満たしているので

そのままいけると踏んで戻していません。

大きさの規定があるのは平成19年(2007年)1月1日以降に生産された車両みたいなので

うちのMTは対象外です。



あとは毎年この時期の儀式であるタンク下ろしてプラグ交換ですが、

やる暇がなくて車検終わったらやろうと思ってたら

持ち込んだお店の人にプラグ持ち込んでくれればついでにやるよと言われたので今回は甘えましたw



という事でその他諸々の点検整備兼ねていつものスズキのお店にそぉい!します。

(間違えて昨年の納税証明書を持っていき1度取りに帰りました)

R0010010_R.jpg



そんで預けて約1週間で車検完了です。

もう二年乗れるドン!

R0010027_R.jpg

R0010028_R.jpg


点検も問題なく、車検も引っ掛かる要素もなく何も問題無かったそうな。

ということでまた二年よろしくしなちく。


以上

=================================
ローンもあと二年です。
にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ にほんブログ村 バイクブログ ヤマハへ にほんブログ村 バイクブログへ

  1. 2017/11/16(木) 13:39:32|
  2. MT-01
  3. | コメント:2

はいはい、鳩山献金鳩山献金!の巻

えっ、まだ本気で言ってる人いるの?


MT-01に履いてるブリジストンS21

サーキット含め6000kmほど走ってリアはまだまだいけそう。

R0001247_R.jpg


しかしフロントが・・・交換しよ。

R0001246_R.jpg



朝イチでスピードスターに行こうとしたら完全に出遅れて3時間待ち。

これだから土日休みは糞。

R0001245_R.jpg



なんやかんやで・・・

R0001249_R.jpg
R0001250_R.jpgR0001252_R.jpg


そんなこんなで・・・

R0001253_R.jpgR0001255_R.jpg



ブリジストンS21(2セット目)入りました!

R0001259_R.jpgR0001258_R.jpg



S21を1セット使い切ったのでタイヤのインプレでも書こうかと思ったのですが、

タイヤのインプレってどういう事書けばいいかよくわからん!



グリップの違いなんか某掲示板に多数存在すると言われている

筑波5秒切りのタイヤソムリエの人達なら分かるかもしれないが、

まったり走ってる自分からすれば違いもよくわからないし、

サーキットでフルバンクでちょっと開けすぎて滑ったくらいしか分からん。



ただ、S21の特筆すべき点は前回交換した時も書いた事ですが、ハンドリングの違い。

フロントがスパッと切れ込むあの感覚は最初はおっかなびっくりな感じですが

慣れると峠道楽しいです!



タイヤが摩耗してくると切れ込む感覚は薄くなりますが、

ツーリングしつつ出先の峠道を楽しくという人にはS21はおすすめ出来るかと思います。

その上のRS10とかスパコルとか入れればハンドリングもまた違うのかもしれませんが、

違いがよく分からなくてもいろんなタイヤを試してみたいものである。



ただ、ずっとMT-01乗ってて気になるのはフロントの減りの早さ。

今回のS21に限らずロッソ2、ロッコルもフロントが先に終わったし、

T30、ロードスマート2といったツーリングタイヤもフロントが先に終わってる。


色々話を聞くと他の01オーナーもフロントから終わる事が多かったり

重量からかフロントが先に終わりやすいとかそういう話があったので

仕様なのでしょうがないって事にしておこう。


以上

=================================
タイヤ高くなったなぁ・・・
にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ にほんブログ村 バイクブログ ヤマハへ にほんブログ村 バイクブログへ

  1. 2017/09/03(日) 00:09:28|
  2. MT-01
  3. | コメント:0

出掛ける時は忘れずに!の巻

時系列が逆になりますが、先日のサーキット走行会に向けて

交換したものについて書いていきます。


ステップバー交換

ノーマルのステップだと盛大にガリガリする可能性が高い。

しかし、バックステップを導入する暇がない(あと高い)

そこで導入したのがこのステップバー

DSC_1870_R.jpg


ノーマルステップバーより厚みが薄いので

その分バンク角が稼げると睨んでの導入です。


対応車種にMT-01の文字はありませんでしたが、

こういうのは付く付かないじゃなくて付けるものなのです!



交換はステップバーを固定しているピンが割りピンもしくはEクリップで止められているので

それを外せば・・・

R0001044_R.jpg



カシメ止めされとるやんけ!

R0001043_R.jpg



この辺については先人達の知恵がネットの海に放出されていたので

それに習ってグラインダーでふっ飛ばす!

R0001045_R.jpg



やったぜ!

R0001046_R.jpg
R0001047_R.jpg



あとは新しいステップバーを取り付けるのですが、

このままだとマック赤坂のスマイル!

dd62ce35.jpg



みたくステップバーが上がり気味になってしまうので

ノーマルの形状に合わせて削ります。

R0001048_R.jpg
R0001050_R.jpg



あとはリターンスプリングを忘れずに組み付けて完成。

ピンはカシメを飛ばして再利用不可になったので付属のボルトで固定。

R0001051_R.jpg



インプレとしてはノーマルのゴムのやつから金属のやつに変わったといっても

違いが分からんというかあまり変わらん。

違和感無く使えますって事にしておく。


あと、実際にサーキットで走ってた時は

膝は擦りまくってもステップを擦りまくるような事はありませんでした。

とりあえずステップを擦らないようにするという目的は達成出来たのでよしとしよう。




レバー交換

万が一の転倒に備えて予備レバーを買わなきゃと思っていたのですが、

社外レバー買って付いてるやつを予備にすれば良くね?って事で優勝。

R0001042_R.jpg



TLにも付けてるZETAのアレ。

以前TLにZETAのレバーを付けた際に、スイッチを押さえるプッシュロッドが

パッケージ紙の間に挟まっていて気付かずに捨ててしまった事がありましたが、

今では対策されてプッシュロッドが付属している事が分かるようになっていました。



レバー交換は簡単。

10mm(or 8mm)メガネとマイナスドライバーを用意して1本あたり5分から10分で交換できます。


以前、Twitterでとあるバイク初心者が転倒でブレーキレバーを折ってしまい

お店に交換を頼んだら工賃だけで5500円取られたという話がありました。


作業内容知ってる人からすれば工賃だけで5500円というのは明らかに法外な値段であるが、(相場は1000~2000円)


5500円でも安いくらいだとか湾岸ミッドナイトの例の画像貼って偉そうに語ってるのがたくさん湧いて

言ってるのが車乗りや自転車乗りばかりだったという事があったのを思い出しました。

B9HqvixCcAAbj-B.jpg



仕舞いには

レバー交換したらフルード交換エア抜き必須(キリッ

とか言ってくる奴も出てきて

「ジャンル外の事をろくに調べもせず偉そうに語たると恥をかく」

という教訓を覚えた次第です。気をつけよう。



そんな事はさておき交換完了。

R0001055_R.jpg
R0001056_R.jpg



インプレとしてはレバーがノーマルよりショート化したので

ブレーキはコントロール性が良くなった印象がある。


ただ、クラッチ側はクラッチスプリングを強化しているのもあって

今までもクラッチが重かったのが余計重くなった。


ショートレバー化した事で支点と力点の距離が短くなったので当然の結果ではあるが、

渋滞嵌まると指もげそうになるのでとりあえずラジポン欲しい。


走行会も終って今度はオイルにタイヤと変えなきゃならないものが控えているので

削がれる、すっごい懐削がれる。


以上

=================================
5000兆円欲しい。
にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ にほんブログ村 バイクブログ ヤマハへ にほんブログ村 バイクブログへ


  1. 2017/07/19(水) 14:36:02|
  2. MT-01
  3. | コメント:2
次のページ

ここの人

すずどざ

Author:すずどざ
TL1000RとかMT-01とかのバイクのお話がメインで
その他いろんな事をgdgd書いてる
日記みたいなサムシングです。

twitte

カレンダー

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

RSSフィード