おれ☆せん! 2017年05月

バイクネタが中心、ときどきアニメ、それ以外はTwitterで。

ネタバレ:静岡長い。の巻

今年もアメリカ大陸(静岡県)はデイトナ本社の

デイトナ茶ミーティングに行ってきました。

R0000838_R.jpg



今回は距離を稼ぐ為にTL1000Rを出したのですが、

111111kmを達成しました。やったぜ!

ちなみにこれ撮るために一度高速降りました。

R0000834_R.jpg
R0000836_R.jpg



今回はとにかく試乗で乗りまくってきたので

役に立たないインプレ(小学生並みの感想)を書いていきます。



KTM 1290SUPER ADVENTURE S

R0000840_R.jpg


本当はSUPER DUKE Rに乗りたかったのですが、

今回は試乗車が他のイベントに駆り出されているとかで

同じエンジンのSUPER ADVENTURE Sに乗ってみました。


乗ってみた印象としては、

SUPER DUKE Rみたいな過激な印象が無い???

どうやらSUPER ADVENTUREはSUPER DUKE Rよりもセッティングが

マイルドな方向に味付けされているとか。


あと、この車格から察する通り足つきが悪いw



Indian SCOUT?

R0000842_R.jpg


インディアンのスカウトとして試乗車が用意されていたはずが

どう見てもヴィクトリーのOCTANEです。ありがとうございました。

車格やスペックはほぼ同じらしいので特に問題は無い。

東京MCショー以来ですが、軽くて楽しい。

ただ、曲がるたびにステップ擦りすぎてつらい。



ここで小休止。

ジャンクフードを食べつつ色々見学。

R0000849_R.jpg
R0000850_R.jpg
R0000872_R.jpg



今回人が多すぎて試乗を諦めたMT-10SP

オーリンズの足周りはとにかくちゃんと動くw

ちなみに前後のオーリンズは某モータープロダクツ製ではなく

オーリンズの正規品らしいです。

R0000852_R.jpg
R0000854_R.jpg




KTMのブースでも先に書いたSUPER ADVENTUREの味付けの件も含め

色々話を聞きましたが、控え目に言ってSUPER DUKE R欲しい。

R0000848_R.jpg



トライアンフのボンネビルボバーはなかなかカッコイイし

シート下の変なリアサスも興味深い。

まあ、リアサスはただのリンク付きリアサスなんだけどね。

R0000846_R.jpg
R0000847_R.jpg



駐輪場を見学したところ色々高価なバイクや変なバイクが並ぶ中、

R0000862_R.jpg
R0000878_R.jpg



TL1000Rいたー!

R0000856_R.jpg



今では自分のヤツ以外ネット上にしかにしかいない概念みたいなものだと思ってましたが

まだ存在してたとは・・・

(オーナーさんはTwitterのフォロワーさんでした。)

R0000860_R.jpg




午後からの試乗です。


トライアンフ ボンネビル T120

R0000874_R.jpg


トライアンフのパラツインは以前から興味がありましたが、

トライアンフのブースでボンネビルボバーのエンジンを掛けさせてもらって

乗りたくなったので試乗してみました。


どちゃくそパワーあるとかそういうバイクじゃないけど、

景色のいい道をまったり走るにはいいバイクかなという印象。



Indian Springfield

R0000875_R.jpg

インディアンのでかい方。

少し前にハーレーのストリートグライドを試乗したのですが、

それと同じ感じかな?と思って乗ってみると


なにこれ!めっちゃ楽しい!!!



エンジンのドコドコ感とか振動がめっちゃダイレクトに来るのね。

調べてみると、ハーレーのストリートグライドが鉄フレームにエンジンがラバーマウントされているのに対して

インディアンのスプリングフィールドはアルミフレームにエンジンがリジッドマウントされているとか。

MT-01とほとんど一緒やん、楽しくないはずがないw



KTM 125 DUKE

R0000876_R.jpg


このサイズのミッション車に興味があったので乗ってみました。

ギアチェンジが忙しいけど、エンジンぶん回して走るの楽しいです!


あとWPの前後サスペンションがいい仕事してる。

しっかりメリハリのある動きでコシのあるさながら讃岐うどんのようでした。

このクラスの車両にちゃんとしたサスペンションが最初から付いているのはポイント高い。


ちなみにお昼休憩中に先導者のNinja250SLに跨ってみたら

サスペンションがフニャフニャでこちらは九州うどんって感じ。

ていうか日本メーカーもうちょっと頑張れよ。



じゃんけん大会は何も取れずでしたが、なかなか楽しめた1日でした。

R0000877_R.jpg


以上

=================================
SUPER DUKE Rを略すとSDRになるからKTMはYAMAHA
にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ にほんブログ村 バイクブログ ヤマハへ にほんブログ村 バイクブログへ

スポンサーサイト
  1. 2017/05/30(火) 15:42:53|
  2. ツーリング
  3. | コメント:2

13年目のなんとやら。の巻

2005年の5月に買ったTL1000Rも13年目に突入!

特に珍しい事をやったわけではないけど最近ブログの出番が少ないので

毎年恒例のメンテナンス祭りの内容を書いていきます。



5月頭のソロツー途中でニュートラルランプが死んだので交換。

デルタのLEDバルブ(T5/T6.5共用タイプ)を購入。

R0000802_R.jpg

LEDバルブって普通に買うと高いのな。

R0000804_R.jpg



チャージモッドマイナス側施工。

R0000801_R.jpg


プラス側は施工済みでしたが、マイナス側施工して

バッテリーまで直で引っ張りました。

アイドリングで14V超えててちょっと感動。

R0000805_R.jpg



ブレーキパッドが怪しい状態だったので

ディスクローター交換前に使ってた使いかけのメタリカパッドを再利用。

(写真は終わりかけの方)

R0000810_R.jpg



あとフロントスタンド便利です。

R0000811_R.jpg



あとはプラグ交換とか

R0000807_R.jpg



エアクリ清掃とか内圧コントロールバルブ清掃とか

R0000809_R.jpg



メンテナンス完了後はいつもの宮ヶ瀬コースへ。

R0000816_R.jpg



まだまだ元気に走ります。

R0000819_R.jpg



以上

=================================
エアクリ外したときにインマニからバルブ覗いたらカーボンがびっしり付いててスロットルそっと閉じ。
にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ にほんブログ村 バイクブログ ヤマハへ にほんブログ村 バイクブログへ

  1. 2017/05/23(火) 00:12:06|
  2. TL1000R
  3. | コメント:0

ダンモトに消音を求めるのは間違っているだろうか?の巻

単純にこのタイトルを使いたかっただけですw


シグナスのマフラーの件、音的にもうちょっと何とかならんもんかと思って

久々の登場、TLさんからダンモト管を引っこ抜くやろ?

R0000732_R.jpg



インナーバッフルにステンレスたわし詰めるやろ?

R0000731_R.jpg

R0000733_R.jpg



完成。

R0000734_R.jpg



アイドリングはノーマルと同等。これはいい感じだ。


実際走ってみると


全然吹けねぇ!!!



今度はインナーバッフルからたわしを外して走行。


めっちゃうるせえ!!!



インナーバッフルの構造でサイレンサーの壁面に排気が当たるようになっているが、

そのせいかめっちゃ低音が出まくってます。

しかしこれでは通勤時の朝晩に家の前でエンジンは掛けられない。



ただ、うまくやればいい感じに消音出来そうなので

シグナス用にダンモト管を購入。

R0000736_R.jpg



購入はTLの時と同じくLCIさんから。

そして差込口が微妙に合わなくて1度送り返すところまで一緒w

http://suzudoza.blog84.fc2.com/blog-entry-805.html



で、次の消音対策としてこのインナーサイレンサー

R0000737_R.jpg


中にメッシュみたいなのが入っていて、外側に筒が被せてあるタイプ。

R0000738_R.jpgR0000739_R.jpg



こいつを付けて走ってみたところ、排圧はリアライズ管より抜けがいい程度。

しかし、音がうるさいというか耳につく。

排気は絞られているものの、インナーサイレンサーの形状で

排気がエンド側にまっすぐ出ていくのでどうしても排気音が耳に付いてしまう。



で、次に試したのは元々の筒なしインナーバッフルにステンレスたわしを外側に巻きつける作戦。(画像左側)

R0000800_R.jpg


内側に詰めたら排気が抜けなくなったので外側に巻けばいい感じになるんじゃないかと思ってやってみたら


うむ!いい感じ!


音も抑えられて出だしもいい。

上は少し吹けなくなったものの支障のないレベル。


ただ、なんでか知らんけど走ってるうちに音がデカくなる件。

走ってて耳に付くしこれは何とかしなければならない。



で、最終手段エンドバッフルを付けます。

R0000792_R.jpg



物は南海部品製エンドバッフル

インナーパイプの有無で出口の径が2種類選べるだけでなく

38mmから63mmまで1mm刻みでラインナップがあるので

幅広い口径に対応しています。

R0000793_R.jpgR0000794_R.jpg



ダンモト管のエンド径に合うのは61mm

固定用の穴をドリルでぶち抜いて取り付け完了。

R0000797_R.jpg
R0000798_R.jpg



エンドバッフルとインナーバッフル2種類をそれぞれ組み合わせてみた。



ステンレスたわしバッフル+エンドバッフルだと

音量はノーマルとほぼ同等。抜けはあまりよろしくない。



筒付きバッフル+エンドバッフルだと純正よりちょっと音が大きい程度だが、

音量は十分に抑えられている。

この組み合わせで乗ってみた感じ、排圧が掛かって出だしも良く

上も回るのでしばらくこの組み合わせでやっていきます。



なんだかんだで金と時間が掛かってしまったので


結論としては

純正最高w


以上

=================================
音で注意されたら純正に戻そうかな。(戻すとは言ってない)
にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ にほんブログ村 バイクブログ ヤマハへ にほんブログ村 バイクブログへ

  1. 2017/05/18(木) 01:47:49|
  2. シグナスX
  3. | コメント:0

ここの人

すずどざ

Author:すずどざ
TL1000RとかMT-01とかのバイクのお話がメインで
その他いろんな事をgdgd書いてる
日記みたいなサムシングです。

twitte

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

RSSフィード

ぬるぽ