おれ☆せん! 2017年08月

バイクネタが中心、ときどきアニメ、それ以外はTwitterで。

結婚と高額商品購入は勢いで!の巻

どうも未婚です(挨拶)


先日、夜勤明けの帰りに飯を食おうと思って平塚のららぽーと行ったんのですが、

その中に腕時計のお店が入っているんで覗いてみたんですよ。



以前から腕時計は欲しいと思ってて何度か覗いたことがあるお店なんですが、

時間は基本スマホ見ればいいとしても

仕事柄スマホ持ち込み禁止のサーバルームでの作業もあるし

社畜だから腕時計を買って手首を時間に縛られつつ

ビジネスマナー()を重んじなきゃというのもあって腕時計は必要かなと。



そんな感じで過去にもにヨドバシの時計コーナーとかで

色々時計を見てはいたのですが、さっぱり分からん!


腕時計ってなんか知らんけど高いやつはえらい高いのよ。

機械式時計だと最低でも10万以上とかするし。


なんでこんなに値段に差があるんじゃ?何が違うんじゃ?

ロレックスとか値段が王様級だしオメガも値段がオメガ級だし何なの?ブランド料?

分かったことはチタンバンドはめっちゃ軽いって事くらい。

あとクォーツはメーカー名じゃなくて時計の仕組みだったとかw



一応バイクブログなのでバイクネタに絡めると、このららぽーとのお店はGSXというメーカの時計も扱ってます。

腕時計メーカーとしてはあまり聞かないメーカだし、名前からしてバイク乗り的には気になるわけだ。

(写真はGSXの906を試着したもの)

DSC_1855_R.jpg


あとはTISSOT(ティソ)の腕時計も扱っていて、

MotoGPのオフィシャルタイムキーパーなので気になったりもするね。



他にも高級腕時計を見てみるとZENITH(ゼニス)というヤマハのヘルメットと同じ名前の

メーカーのやつもありましたが、ゼニスのヘルメット50個くらい買えそうな値段だし

隣のショーケースのBREITLING(ブライトリング)も物凄い値段。



で、先日行われた鈴鹿8耐(FIM世界耐久選手権)のオフィシャルタイムキーパーである

TAG Heuer(タグ・ホイヤー)の時計もあったので見てみたのですが

最低でも20万円台とかで「ファッ!」って言葉が出そうになった。


ただ、タグ・ホイヤーの時計がカッコよくも主張しすぎず、

お店の人に話を聞いて試着なんかしちゃったりしてね


なんやかんやで…



お迎えしました。タグ・ホイヤー カレラです。

R0001233_R.jpg
R0001234_R.jpg


ムーヴメントが「ホイヤー01」という名称で

MT-01乗りとしては放っておけないw

R0001237_R.jpg



あと、バンドがステンレスやチタンではなくセラミック素材。

傷が付きにくいのと金属アレルギーの影響が出ないという利点がありますが、

陶器と一緒なので強い衝撃で割れる可能性があるとか。

R0001239_R.jpg



時計本体はデカくて重い。文字盤も45mmと結構大きめ。

そんなマッスルな見た目とは裏腹に複雑で繊細な機械式時計なので

丁寧に扱わないといかんらしい。

R0001243_R.jpg



購入価格については直接は書かないので、

この表示価格に消費税(×1.08)を合わせた金額ということでお察しください。

なので、振動や転倒でぶっ壊す可能性を考えるとバイク乗る時に付ける事は出来ない。

R0001240_R.jpg



それにしても10万くらいの時計を高くて渋ってたのに

何故この価格の時計を決断できたのか?


\全く分からん!/

IMG_20160208_112554.jpg


無金利ローンとか、夜勤明けで正常な判断が出来なかったとか

定期的にオーバーホールに出せば一生使えるとか色々あるけど

他の時計には無い、言葉では言い表せない素敵なサムシング(サトームセン感)があったのだろう。多分。



これからはタグ・ホイヤー カレラという重い手枷を付けて社畜耐久レースを完走したいと思います。


以上

=================================
時間を止められる時計がほしい。
にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ にほんブログ村 バイクブログ ヤマハへ にほんブログ村 バイクブログへ

スポンサーサイト
  1. 2017/08/20(日) 12:58:47|
  2. 日記
  3. | コメント:6

これもある意味聖地巡礼?の巻

聖地巡礼という文字を見てまたアニメかよと思われるが

アニメじゃない、本当の事さ。


自動車やバイクに乗っている人なら


「必ず」


といっていいくらい任意保険に加入しているかと思いますが、
(未加入は単独で死んでどうぞ)


自動車保険の大手と云われる

アクサダイレクト

テレビCMでその名前を耳にしたことのある人は多いはず。


そんなテレビCMで堤真一がカーブで事故を起こして立ち往生して


\誰かー!!/


と叫んでるあのCMは知っている人も多いはず。




そのロケ地(事故現場)が「アクサダイレクトコーナー」として

話題を呼んでいたのでちょっと行ってきた。



場所は静岡県は伊豆半島の西側に位置する

西伊豆スカイライン

その一角にアクサダイレクトコーナーが存在します。

R0001190_R.jpg



戸田方面から西伊豆スカイラインに入り、

南側に向かうと途中にその場所はあります。

R0001195_R.jpg



同じ位置にバイクを停めて


\誰かー!!/

R0001198_R.jpg
aksa.png


大体合ってるけど、CMと同じ構図で撮るにはクレーンかドローン持ってこないと厳しいな。


何故こんな見通しが良くて緩いカーブで堤真一なのか?

というツッコミどころは置いといて


具体的な場所については以前、Google Mapに

「アクサダイレクトコーナー」

の名称で登録されていたのですが、

残念ながら削除されてしまいました。



だが安心してほしい、その場所についてはADCとして再登録されています。

(何故か検索しても出てこない)





そんなアクサダイレクトコーナーは一般公道なので

リアルで頼れるロードサービスのお世話にならないように

交通量の多い日を避けて周りに注意しつつ

他の車両の邪魔にならないように撮影は手短に!


以上

=================================
内浦も近いから別の聖地巡礼も出来るよ!
にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ にほんブログ村 バイクブログ ヤマハへ にほんブログ村 バイクブログへ

  1. 2017/08/14(月) 23:45:39|
  2. 日記
  3. | コメント:2

暑ければ水で冷やせばいいじゃない!の巻

暑い日が続いたり続かなかったりする今日この頃

いかがお過ごしでしょうか。



暑い日はエアコンの効いた車でお出かけするか、部屋で引きこもるにかぎるところですが

バイク乗りすぎで頭をやられてしまった残念な人達は

暑かろうとフル装備でバイクに乗って走りに行ってしまうので

控え目に言って手遅れです。



そんな夏場のライディングにおいて、最近は安くて高性能なインナーが出回り、 

夏場でも快適になったとはいえ心頭滅却しても暑いものはファッキンホット!

fuckinhot.png



そこで今回紹介する最強の冷却インナーがこれ!

R0001151_R.jpg


LEATT(リアット)という海外のオフロード装備のメーカが販売しているCOOLIT(クーリット)というインナーですが、

このインナーの特徴はインナー自体に水を吸わせて装置するというもの。


使い方はインナー本体を2分間水に浸し、水を絞って(両手でプレスして水を出す感じ)装着。

その上からメッシュジャケット等のウェアを装着してバイクに乗ります。



水分を含んだインナーに走行風が当たり、

プールに入っているような清涼感があるというか、どちゃくそ冷えます。

実際に気温30℃の西湘バイパスを流したところ、

少し肌寒いと感じるレベルで冷えます。


そのお陰で暑い日のライディングでボーっとする事もなく

熱中症防止にもなるので、こうかはばつぐんだ。



そんなキンキンに冷えやがるインナーの注意点としては


・肌に張り付く

基本的に素肌の上から着用するのですが、水分を含んでいてめっちゃ貼り付くので

人によっては不快に感じるかもしれません。

冷却性能が若干落ちるもののドライ系インナーの上から着用すると張り付く不快感から解消されます。


・デブに厳しい腹周り

全体的にタイトな作りなので、1番大きいXLサイズでもお腹周りはかなりきついです。

こればかりは着る人に痩せてもらうしかない。

DSC_1893_R.jpg


・出先での給水

給水したインナーの効果は1時間~6時間となっていますが、

出先で綺麗な川や公園の水道があればそこでインナー浸して給水出来るけど

そんな場所なんて限られてるので、給水出来る場所が無い時がつらい。

ちょっと強引なやり方としては

コンビニで冷えた2Lの水を買って買物袋に入れてもらい

買物袋にインナーと水をぶち込んで給水する方法がありますが、

もったいないお化けが出そうな事案である。


・気温の低い場所での使用

体感温度-10℃を謳っているくらいとにかく冷えるこのインナー、

真夏でも気温の低い場所での使用は要注意です。

何やらこのインナーを着て夏のビーナスライン走ったら低体温症で病院に運ばれた人がいるとか。

気温25℃切る所での着用は控えた方がいいと思います。



そんな感じで注意点やら多くて若干めんどくさい装備ですが、

圧倒的な冷却性能で真夏のバイクライフを快適に過ごしたい方は

試してみてはいかがでしょうか。


以上

=================================
暑い日は適度な休憩と水分塩分補給を心掛けてください。
にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ にほんブログ村 バイクブログ ヤマハへ にほんブログ村 バイクブログへ

  1. 2017/08/12(土) 13:56:49|
  2. バイク全般
  3. | コメント:2

ここの人

すずどざ

Author:すずどざ
TL1000RとかMT-01とかのバイクのお話がメインで
その他いろんな事をgdgd書いてる
日記みたいなサムシングです。

twitte

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

RSSフィード