おれ☆せん! 2018年04月

バイクネタが中心、ときどきアニメ、それ以外はTwitterで。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

愛の思い出は重いで。の巻

柴田亜美のドラクエ4コマネタを覚えてる人はオッサン。


重いといえばMT-01の重量もそうですが、

このバイクのスロットルがメンヘラの愛情並に重い。

メンヘラと付き合ったこと無いから知らんけど。



特に長距離を走る時に高速でスロットルをパーシャルにすると右手の疲労がジワる。



そんな糞重スロットルを軽くする方法を調べてみると決まって出てくるのは


スロットルワイヤーを清掃注油しましょう!
基本中の基本ですよ!

(ドヤ顔)(ヲタク特有の早口)(アディダスの財布)(ドラゴンの裁縫セット)(瞬足)(コーナーで差をつけろ)



そんな事は知ってるし清掃注油しても重いんですよクソッタレ!



という事でスロットルが重い原因として考えられるのが



スロットルボディのリターンスプリング強すぎィ!


これ。



では、実際にリターンスプリングがどのような物がどのように付いているか?

実機でスロットルボディにアクセスするには何かと手間がかかる上に

調査の間、車両が動かせなくなる事もある。



それを踏まえて中古のスロットルボディを入手しての調査です。

DSC_0130_R.jpg



スロットルボディはミクニ製で、リターンスプリングはタイコを引っ掛けるアレに付いてるナットを緩めるだけで外せます。

R0011021_R.jpg


リターンスプリングはこんな感じ。

全長32mm 内径26mm 太さ1.4mm 12巻

DSC_0131_R.jpg



ケイヒンのFCRだとリターンスプリングが何種類かリリースされていて

交換が出来るようになっていますが、ミクニにはそんな気の利いたものはない。



じゃあFCRやその他のリターンスプリングを流用と考えると

一般的なのが右巻きなのに対してMT-01は左巻き。


クラッチやチェーンの位置だけじゃなく、リターンスプリングの巻き方向も逆とは…

お前はサウザーかと。



左巻きのリターンスプリングを探すとカワサキのジェットスキー用が出てきたが(カワサキか…)

内径が違うので流用は不可。



やはりワンオフで作ってもらうしか…と考えながらスロットルボディと睨めっこしていると



ここのスプリングの引っ掛けを

R0011026_R.jpg


こっちに引っ掛けりゃ軽くなるんじゃね?

R0011027_R.jpg


引っ掛け位置を変えてスロットルを回してみると僅かではあるが軽くなってるッ!

無加工で出来るしこの僅かな差が長距離走行で大きな差になるはずなのでやってみる価値はありそう。



ただ、実機でスロットルボディにアクセスするにはタンクだけでなく、

エアクリーナーボックスの脱着という鬼門が待ち構えている。



そして後日、重い腰を上げてエアクリーナーボックスとの直接対決。

R0011063_R.jpg



やったぜ!

R0011064_R.jpg




エアクリーナーボックスの外し方としては


・タンクを外した後にフレームと繋がってるステーを外す。

・エアクリボックスのノズルのバンドを4mm六角で緩める(六角は長いやつを用意)

・ICSからエアクリボックスに繋がってるホースを外す。

・エアクリボックスを気合でぶっこ抜く。




こんな感じ。(別の機会に写真付きで詳しく解説の予定は未定)




あとはスロットルボディのスプリングの引っ掛けを変えて

エアクリボックスを元に戻す。

R0011066_R.jpg
R0011067_R.jpg



エアクリボックスを戻す時はスロットルボディに繋がるノズルに

シリコンスプレーを吹いておくと入りやすいです。

潤滑大事。



組んだ日の夜に保土ヶ谷まで走ってみたり。

いつもの宮ヶ瀬道志を走ってみたりしての感想。

R0011070_R.jpg



スロットルは若干ではあるが開けやすくなっている。

特に開けはじめの部分はスロットルが軽くなっている印象。


スロットルの貼り付きも無く、スロットルから手を離せばビシッと問題無く閉じる。

この辺は問題は無い。



とはいえハゲ頭の産毛レベルの僅かな差なので気付かない人も出てくるかも。

というかぶっちゃけあんま変わらん。



費用も掛からず僅かではあるが効果も得られたものの

エアクリボックスを外す手間を考えると何かの作業のついででやるくらいに考えた方がいいかと。



もっと軽くというならノーマルのリターンスプリングを元に

径の細い芯線でリターンスプリング作成を依頼するという手もあるが

先に書いたスロットルの貼り付きというリスクも出てくるのでその辺は自己責任で。



あとエアクリボックスの脱着は何かと面倒なので、タンク下スペース確保とメンテナンス性向上の為に

ミスターMTの某氏に習ってエアクリボックスを除去してパワーフィルター化した方がいいかもしれない運転。


以上

=================================
ヤフオクでスロットルボディを競り合った相手がTwitterのフォロワーだった可能性。
にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ にほんブログ村 バイクブログ ヤマハへ にほんブログ村 バイクブログへ

スポンサーサイト
  1. 2018/04/25(水) 01:27:36|
  2. MT-01
  3. | コメント:2

あかるいハイビーム化計画!(成功)の巻

----------前回の裏スジ----------

MT-01のHiビームにクロライトのLEDバルブを入れてみたが、
明るさ、照射範囲共にハロゲンバルブ以下の装飾用LEDヘッドライトバルブだった。

http://suzudoza.blog84.fc2.com/blog-entry-1146.html

-------------------------

明るさ求めるなら放熱とコントローラが付いたものを使わないとダメだよね!

って事で今回導入したのが


スフィアライト ライジング2

R0010896_R.jpg



H7のLEDでプロテックやベロフ(byデイトナ)も候補に挙がっていたのですが、

問題は


ライト裏が狭すぎてコントローラが収まらない


という事でコントローラが小さいスフィアライトに決まりました。

R0010993_R.jpg



スフィアライトのライジングはCREEのチップを使ってたと記憶してますが、

2になってからはチップが変わってソウルセミコンダクター(ソウル半導体)製が採用されたとか。

R0010994_R.jpg



取り付けます。

Hiビーム部分の蓋を外してバルブを取り外して台座を取り付けます。

R0010990_R.jpg



既存の蓋は使えないので

R0010991_R.jpg


付属のゴムキャップを使います。

出っ張り部分は切り取ります。

R0010995_R.jpg



ゴムキャップを付けようとしたらバルブを抑える針金が干渉するので、

R0010996_R.jpg



ヨシムラもビックリの手曲げ加工で曲げました。

R0010997_R.jpg


ゴムキャップは普通に入れようとしたけどうまく入らなかったので、裏返したらドンピシャでした。

取り付けたら周りをビニールテープで目張りしておきます。

R0010998_R.jpg



LEDバルブを取り付けて電源はHiビームの配線ぶった切って平型端子差し込んで

ビニールテープを巻いて完了。

R0010999_R.jpg



試しに動作させてみましょう。

R0011000_R.jpg



うぉっ、まぶし!(テンプレ)

R0011001_R.jpg


点灯も問題なしです。



この日の夜は用事があったので翌日の夜、実際に点灯してみます。


写真じゃ分かりにくいですが、真ん中に光が集中しつつも

周りもバッチリ明るく、周りが暗かったクロライトとは雲泥の差。

R0011016_R.jpg


広い場所で確認。

こっちはLoビームのHID

R0011017_R.jpg


こっちはHiビームのLED

R0011018_R.jpg



めっちゃ明るいってわけではないですが、全体的にハロゲンバルブよりかは明るく、

LoビームのHIDとは光量のさが埋まった感じです。


ただ、照射範囲はハロゲンバルブにやや劣るというか

ヘッドライト自体がハロゲンバルブで使用する前提の設計だから仕方ないといえば仕方ない。



全体的には概ね満足のいく結果となり、これで夜道も安心アンコールワットです。

寿命とかはこれから見ていきますかね。


以上

=================================
結論:クロライトはゴミ
にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ にほんブログ村 バイクブログ ヤマハへ にほんブログ村 バイクブログへ

  1. 2018/04/02(月) 01:29:02|
  2. MT-01
  3. | コメント:0

ここの人

すずどざ

Author:すずどざ
TL1000RとかMT-01とかのバイクのお話がメインで
その他いろんな事をgdgd書いてる
日記みたいなサムシングです。

twitte

カレンダー

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。