おれ☆せん! 2018年05月

バイクネタが中心、ときどきアニメ、それ以外はTwitterで。

ウサミン星とこりん星が千葉大陸にあるってマジ?の巻

最近訳あってTwitterを自粛しているので、ブログでツーリング日記でも書こうかなと思います。


シグナスのブレーキ周りを一新してパッドとローターの当たりを出す為に

久方ぶりに千葉大陸に渡ってきました。




1.いきなりの呼び出し



元々金曜日に行くつもりでしたが、家でだらだらアズレンやってたら

職場から呼び出しくらって休日出勤になったので、翌日の土曜日に行きました。

もう二度と仕事の呼び出しには応じねぇからな糞が!




2.フェリー乗り場へ



久里浜のフェリー乗り場へ向かう為にR134を走ったが、土曜日ということもあって糞渋滞。

タッチの差でフェリーが出てしまい1時間の待ちぼうけを喰らう。

R0011164_R.jpg
R0011165_R.jpg




3.金谷港から鴨川へ



フェリーに乗り込んで金谷港に着いてからは県道34号をひたすら東に進んで鴨川へ。

お食事処船よしで昼食タイムです。

このお店、以前千葉でコミネマンミーティングを企画していただいた

コミネ隊長から情報を入手して行ってきました。

R0011167_R.jpg



あら汁やつみれ汁が飲み放題という事もあってこれだけでお腹いっぱいになりそうだが、

R0011168_R.jpg



頼んだ料理は二階建て海鮮丼

R0011173_R.jpg
R0011172_R.jpg



味も去ることながら二階建てという事もあって、一階部分にも酢飯と切り身の階層が!

姉歯一級建築士もビックリのいけない構造設計である。

R0011175_R.jpg



食後にもあら汁とつみれ汁をキメてフィニッシュ!

R0011177_R.jpg
R0011176_R.jpg


土曜日にも関わらず混んでるような事もなく、

味も量も大変満足度の高いお食事処でした。




4.ブレーキの慣らし



今回シグナスのブレーキの当たりを出すという目的でしたが、

国道や県道を走っても信号の無い真っ直ぐな道が殆どでブレーキを使う機会があまりなかったというw

県道に入って後ろに車がいない事を確認してブレーキとアクセルを繰り返しつつ…

ココ何処だ!?

R0011179_R.jpg




5.道の駅三芳村



道を間違えながら道の駅ビンゴバーガー(三芳村)へ。

R0011181_R.jpg



そんなビンゴバーガーの新メニューに真ビンゴバーガーとかいうのがあったので

真サムライスピリッツみたいなものだろうと思って購入。

R0011182_R.jpg


お持ち帰りにしてフェリー乗り場を目指します。

R0011183_R.jpg


あー動きたくない。

R0011184_R.jpg




6.帰りのフェリー、真ビンゴ実食



フェリー乗り場に到着。

みんないいバイク乗ってるなぁ…

R0011186_R.jpg



乗船してから真ビンゴバーガーを食べてみたが、


うん、普通のビンゴバーガーだこれ。

R0011189_R.jpg


ビンゴバーガー自体美味しいけど、違いの分かる大人じゃないので真な部分は感じられなかった。

次からはスーパービンゴにします。




7.まとめ



久方ぶりの千葉大陸走行でしたが、土日でも内陸の県道に入れば

邪魔なファミリーカーも少なくとても快適に走れるのは良い。

あのデカい千葉大陸はまだまだ未知の領域が存在するので、これからも地道に開拓していきたい。


それとは逆に神奈川のR134、鎌倉~江ノ島間は行きも帰りも

走ってて糞以外の言葉が出ないくらい渋滞が糞。

抜け道もないし三浦半島方面行くのにくっそ不便なのでさっさと海埋め立てて片側2車線にしてほしい。


以上

=================================
神奈川は何処行っても道が混んでる感ある。
にほんブログ村 バイクブログ ヤマハへ にほんブログ村 バイクブログへ

スポンサーサイト
  1. 2018/05/14(月) 13:20:58|
  2. ツーリング
  3. | コメント:0

ガバガバブレンボ交換日記!の巻

最近は国内メーカーのバイクでも標準でブレンボキャリパーが組まれていますが、

シグナスにブレンボキャリパーを付けました。



1.経緯



うちのシグナスXは2型台湾仕様(SE464)ですが、

ブレーキキャリパーが国内仕様の物と異なりブレーキパッドが選べない。


国内で買えるパッドといえばベスラのレジンパッド(SD-281)くらいしかなく、

使用上問題は無いのですが、もうちょっとパッド選べてもいいじゃない。


あと、ノーマルキャリパー、ベスラレジンパッドの組み合わせだとローターに変な段差が付いてしまい

過去に1度パッドとローターを新しくしたものの現象変わらず。

http://suzudoza.blog84.fc2.com/blog-entry-971.html

キャリパーとパッドを一新して現象を改善しようと言う算段。(改善出来るとは言ってない)

上記2点の理由でブレンボキャリパーを入れる事にしましました。




2.物について



TLで使ってたブレンボキャリパー40mmキャストを使用します。

TLから外すとかどうしたの?と言われるかもしれませんが、

それについては全て終わったら別の機会に説明します。

Twitter見てた人からすれば、まあそういう事です。




3.おーばーほーる



移植する前に殻割りしてOHします。

R0011088_R.jpg


今回シールはホンダ純正部品を使います。

06431-MAK-003

R0011083_R.jpg


06452-MAK-003

R0011084_R.jpg


それぞれピストン1個分のシールとなっているので、1キャリパーで2個ずつ必要になります。


以前使ったブレンボ直販のシールは何故かダストシールだけサイズが合わないという不具合が…

その時どうしたかはあえて書きませんが、ホンダ純正ならブレンボ製とはいえ

問題無いでしょうという事で選びました。

あとホンダ純正で買うと値段が若干安い。


締結ボルトは光研電化のステンレスボトルを使っていましたが、

引っ張り強度の面からPADDOCKのクロモリボルトに交換しました。

R0011080_R.jpg



殻割りしたら古いシールを外して洗浄。

新しいシールを付けて組み立て。(ダストシールもちゃんと合いました)

バイパス部分のOリングは以前ヤフオクで購入したやつが残っていたのでこいつを使用。

http://suzudoza.blog84.fc2.com/blog-entry-713.html


そんな感じで完成です。

R0011089_R.jpg





4.取り付け



車体へのキャリパー取り付けにはキャリパーサポートが必要になりますが、

今回はアクティブのキャリパーサポート2型国内仕様(SE44J)用を使用します。

R0011132_R.jpg


説明書には台湾仕様には使用出来ない可能性がありますと脅し文句が書かれてましたが、

R0011137_R.jpg



大丈夫だ、問題ない。

R0011136_R.jpg



キャリパーのセンターが出なかったので付属のワッシャーでオフセットしてます。

R0011138_R.jpg
R0011139_R.jpg
R0011140_R.jpg



あと、メッシュホースは以前外装を剥がした時にホースの長さを測って約1000mmだったので

それに近い1035mmを購入しましたが問題ありませんでした。

R0011131_R.jpg



フィッティングはTLで使ってた物を流用、ステンレスだから問題無いでしょう。

あと、ワッシャーはアルミより密着性が高い銅を使います。

R0011144_R.jpg

R0011145_R.jpg


エア抜きして再度漏れが無いかと組付けに問題が無いかを確認して

外装組んで完了です。




5.問題発生



ブレンボキャリパーに変えて片押し2podが対向4podになった。

ブレーキパッドもメタリカパッド(使い回し)

ガッツン強力ブレーキゲットだぜ・・・・あれ?あまり効かない

理由はブレーキローターを見れば一目瞭然


ああ、やっぱりダメだったよ。

R0011151_R.jpg
R0011152_R.jpg



ノーマルキャリパー、ベスラパッドでガッツリ付いた段差で当たりが出ない。

というか今回も一緒にローター交換しろよという話しですね。はい。




6.ディスクローター交換



2型台湾仕様の純正ローターはウェーブローターとなっています。


ヤフオクで探すと5000から5500円で売っていますが、

台湾からの発送で合計7000円くらい掛かってしまう。

以前買った時こんなに掛かったかな…?


他に色々探してみると国内仕様純正の真円ディスクでえらい安い物が。。。

ホイホイ釣られて購入した店舗が


バ○クパー○セ○ター


なんか調べてみるとやばたにえんな香りが…

購入したローターも純正「相当」品みたいです。(純正とは言ってない)


物は速攻で届きましたが、届いた品の

「MADE IN CHINA」

R0011150_R.jpg


の文字に一抹の不安を覚えつつ

ガッツリ溝付いたローターよりはましでしょ!て事で交換。

R0011160_R.jpg




7.改めてインプレ



ディスクとパッドの当たりを出す為にガッツリ千葉県を走ってきました。


使いかけのパッドを使ったせいか真ん中の当たりがなかなか出ませんでしたが、

当たりが出るようになってブレーキ自体ちゃんと効くようになりました。

効きすぎるということもなく、メタリカパッド特有の握ったら握っただけ効くコントロール性の良いブレーキが

シグナスでも手に入りました。やったぜ!

R0011191_R.jpg


ブレーキホースをステンレスメッシュにしてブレーキタッチもカッチリしたものになりました。

ちなみに以前も書いたと思うが、ステンレスメッシュホースはブレーキタッチが変わるものであって

ブレーキの制動力が上がるものではないからな。




8.まとめ的なもの



たかが原付にブレンボキャリパー、メタリカパッドとかオーバースペックな気がしますが、

余ったキャリパーの再利用で抱えてた問題が解決出来るならそれでいい。


パッドも選択肢が増えるとはいえ、パッドが無くなったらまたメタリカパッドを入れるかというと

原付にメタリカパッドは贅沢極まりないので、デッドストックのベスラスポーツパッドを使う事になるかも。

(走行会の景品で貰ったやつ)


あとは握りゴケに気を付けようというのと、

またディスクローターに変な段差が付かない事を祈るだけです。


2世代前のシグナスに色々パーツを突っ込むのも今更感ありますが、

万が一現行の4型シグナスやマジェSに乗り換える事になったら

まだブレンボキャリパー(左)があるのでこいつを組みますw


以上

=================================
ブレーキ弄りは金がかかる。
にほんブログ村 バイクブログ ヤマハへ にほんブログ村 バイクブログへ

  1. 2018/05/14(月) 12:53:57|
  2. シグナスX
  3. | コメント:0

スプリング交換まじバネェ!の巻

いいタイトルが思いつかず軽く怪我してますが、

MTのリアサススプリングを交換しました。



1.交換の経緯



カスタム虎の穴5巻やネットの文献を読み漁ってサスペンションセッティングのお勉強をした中で、


サスペンションはスプリングありき、大事なのはスプリングを合わせる事。

その為のプリロード調整・サグ出しであり(サグ出し不要論もあるみたいですが)

プリロード調整範囲を超えるようであればスプリングを交換したほうがいい。



という事は分かった。



その中でスプリングレートを意識する事が重要であり、スプリングレートの合っていないサスペンション、

特に体重に対してレートが強すぎて動かないスプリングはリジットサス化してしまうので

有名メーカーのサスペンションだろうとゴミで無価値になるという事みたいです。

http://rgarage.blog59.fc2.com/blog-entry-852.html
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-376.html



MT-01のリアサススプリングについてこのような先人の知恵がありました。

http://purple.ap.teacup.com/mt-01/19.html


ノーマルサスのスプリングレートは約19kg/mm

そしてオーリンズのスプリングレートは16.3kg/mmとえらい差がありますが、

ノーマルのスプリングレートがガチムチ欧米人の体重(+荷物ガン積みやタンデム)を想定していて

オーリンズは体重60kg台の人(1人乗り)を想定しているそうです。



自分の体重は一時期ダイエットで減量したものの、桜木花道張りのリバウンドをキメて

見事に体重がむちむちポーク化しました。(80kg台後半)

なので、オーリンズのスプリングレートが合っていない可能性が無きにしもあらずという状態。



とはいえオーリンズリアサスのデフォルト15mm掛けでサグが出ていて、

実際走って底付きもなく挙動も問題ないといえば問題ない。



で、今度はこんな記述を発見。

スプリングの硬さとプリロードに付いて

―――――――――――――――――
交換の目安はスプリングの自由長から10%以上のプリロードを掛けなければならない場合

スプリングレートを上げるとも言われています。
―――――――――――――――――


自由長150mmに対して15mm掛けって既に10%じゃね?

いっぱいおっぱいじゃね?

おっぱいとスプリングでボインボインじゃね?(謝罪)


もしかするとスプリングレートを上げてプリロードを抜けるようにすれば

挙動や乗り心地が変わるかもしれない運転。



という事で

男は度胸、なんでも試してみるものさ

の精神でスプリングを交換します!





2.スプリング選び



オーリンズからレートの高いスプリングを取り寄せて交換というのもアリですが、

オーリンズのパーツは何故か高い、不思議!


値段も手頃で良いスプリングといえば代表的な四輪のスプリングメーカーで、

ドイツのアイバッハというメーカーがあります。

https://eibach.com/jp/node/4


四輪用オーリンズサスペンションのスプリングはアイバッハ製が使われているとか。


バイク用でも全長と内径が合えばレート選んでそのまま交換して使えるので、

今回はアイバッハスプリングに交換します。


あとオーリンズのダンパーにアイバッハのスプリング組むと

なんか通っぽいじゃないですか!
(そこかよ)



実はもっと前にスプリングを変える計画はしていたのですが、

兵庫のカーショップ(アン○ーレ)に注文出して

到着まで今しばらくお待ち下さいのメールから2年以上放置喰らいました。

もうてめぇの所は使わんからなア○ダーレ

※Twitterで放置食らわしたショップを香川県のショップと記載しましたが、
間違いでした。改めて訂正します。




今回は広島のバイクショップでアイバッハスプリングを扱っている

Garage414さんで改めて注文して、国内在庫有りで1週間ほどで届きました。

http://garage414.com/

DSC_0194_R_201805042342208e5.jpg


品番 0600 225 1000

内径 58.42㎜(2.25inch) 全長 152.4㎜(6inch) レート 17.86kg/mm

DSC_0195_R_20180504234219818.jpg


レートは上記で紹介した先人の知恵を参考に自分の体重(現実)と向き合って決めました。





3.交換作業



何度もやってるので外すのは楽勝です。外すのは!

R0011094_R.jpg



スプリングもコンプレッサーいらずで交換も楽勝。

R0011095_R.jpg



プリロードアジャスターがクソミソになったので

金属製の新しいやつにしました。

R0011097_R.jpg
R0011098_R.jpg


R0011103_R.jpg




そして戻すのが相変わらず辛い。

ここの部分が何故か入らないガッデム!

DSC_0199_R.jpg



サス本体の穴をずらしてユニットのカラーを抑えながら取り付けて

ごっついマイナスドライバーねじ込んでグリグリしながら穴の位置を合わせて

シャフトを叩き込むみたいな感じで取り付けは出来ました。



交換後のプリロード位置ですが、

オーリンズスプリングが16.32kg/mmで15mm圧だから244.8kg

アイバッハスプリングは17.86kg/mmだから244.8を17.86で割れば13.7mm・・・14mm圧くらいでいいか。


と単純適当計算で設定したら



すっげぇ硬くなってる。ハッキリ分かんだね。

R0011106_R.jpg

この後めちゃめちゃプリロード抜いた。



結局自由長152mmからの8mm圧(144mm)でサグ出ました。

自由長に対して約5%、OKでしょう。


この日は交換で力尽きたので翌日。





4.インプレというか感想



1日ガッツリ走っての感想というか思った事レベルでしか書けないのですが、

つらつらと書いていきます。

R0011113_R.jpg


まずレートを上げたことによってゴツゴツして乗り心地が悪くなるのではないか?

というイメージでしたが、全く逆でした。


今まで以上にリアがよく動いて路面に対しての追従性が良くなり、乗り心地も良くなりました。

違いの分かる大人ではない自分でもこの違いはハッキリ体感出来ました。



恐らくレートを上げてプリロードを抜いた事によってスプリングへの初期荷重が減って

細かい動きにもリニアに反応するようになったのでは?みたいな。


オーリンズの時は16.32kg/mmで15mm圧だから244.8kg

対してアイバッハは17.86kg/mmで8mm圧だと142.88kg


これだけ初期荷重が変われば動きにも影響するのもまあ納得。

というかこんだけ差があって同じようにサグが出るのか謎なんですがこれは。

(そもそも計算合ってる…のか?)


カーブでの旋回時については今まではタイトなカーブで挙動が少し不安定だったのが、

安定するようになった印象があります。

ただ、これがスプリング交換の影響なのかプラシーボなのかは正直怪しいw


もちろん負荷を掛けても底付きは無く、

一般公道を普通に走るならこの仕様が合っているような気はします。


ただ、今まで低レートのスプリングにプリロードを強くかけて使用していたのがダメだったって事はなく

サーキット上で高負荷の掛かる環境で有効ストロークを稼ぐ方法としてこういうセッティングもあるそうな。

普通に走る分には意識しなくていい部分かな。

https://minkara.carview.co.jp/userid/703947/blog/25197366/
http://mizo916.blog31.fc2.com/blog-entry-444.html




5.まとめのようなもの



サーキットでタイム削る事に命を懸けるレーサーにとってサスペンションセッティングは重要事項ですが、

公道を走る一般ライダーにとっては

走る曲がる止まるの動作が安全に出来て

乗ってて不安や不満が無ければそれでいい


と思っています。



リプレースサス導入についてカス虎では理屈っぽく解説されてたけど、

欲しけりゃ買えばいいし、買って付けて満足できるならそれでいいじゃない。

実際金ピカのオーリンズカッコいいもんな!(結論)



最近のバイクだと最初から高性能サスペンションが付いていたり、

最初から前後オーリンズやホワイトパワーが付いていて、あとは設定と走りに集中してくれみたいな物もあるので

ああいうモデルはとてもお得だと思う。

というか欲しいw



ただ、ノーマルサスだろうがリプレース品だろうが

サスペンションセッティングの基本と言われるサグ出しやスプリングレート変更と言った


「スプリングを合わせる」


という設定は大事な事なので基本動作に不安や違和感があるなら

スプリングのレート含めて設定を見直してみると良いかと。

特にスプリングレートが合っていなくて車両に跨ってもサスが動かない、めっちゃ沈んで底付きしそう

等の症状が出る場合は危険が危ないので、すぐにでもスプリングレート変更をした方がいいでしょう。


この理屈でいけばTLのロータリーダンパーもスプリングを合わせれば使い物になるかもしれないが、

ちょっと訳あって試せないので誰か人柱よろ。



あとバイクのセッティングもそうですが、乗り手のセッティングも大事である。

こんなものばかり食ってたら身体のセッティングかどんどんズレて

車体のリセッティングが必要になるから気を付けような!(体重的な意味で)

R0011120_R.jpg


以上

=================================
俺、体重落としたらスプリングレートも落とすんだ(フラグ)
にほんブログ村 バイクブログ ヤマハへ にほんブログ村 バイクブログへ

  1. 2018/05/05(土) 01:57:54|
  2. MT-01
  3. | コメント:4

ここの人

すずどざ

Author:すずどざ
TL1000RとかMT-01とかのバイクのお話がメインで
その他いろんな事をgdgd書いてる
日記みたいなサムシングです。

twitte

カレンダー

04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

RSSフィード