おれ☆せん! TOP  >  2018年11月

浪費のブレーキが止まらない!の巻

MT-01のブレーキホースとブレーキキャリパーを一新しました。

ブレーキホースはいいんですが、キャリパー交換で色々不具合が出たというかバランスが崩れたというか

そんな感じの事を書いていきます。



1.交換理由



ブレーキホースを交換する理由として一般的には

ブレーキタッチの改善という理由が挙げられますが、

今回はブレーキラインを変更してフロントスタンドを使えるようにする事が目的です。


これはノーマルのブレーキラインですが

控え目に言って邪魔なんですわ。

R0011933.jpg



三叉の所のボルトを外してずらせばと思ったが、配管がヘッドライト裏で固定されているから

ブレーキホース交換で去勢するしかない!

R0011934.jpg




2.ブレーキキャリパー



今回はブレーキキャリパーも交換しました。

GSX-R1000(L3)純正ブレンボ鋳造モノブロックキャリパーで、

ヤフオクでポチったら何か落札されました。

これは不可抗力みたいなものなのでしょうがないw

R0011717_2018112023324405e.jpg


ノーマルキャリパーは住友MOSの鋳造モノブロックキャリパー、

交換するのはブレンボの鋳造モノブロックキャリパー、

見た目以外何も変わらないのでは?と思ったがちょっと待ってほしい。


純正のMOSキャリパーのピストン径はΦ30.2×Φ27だが、

今回交換するGSX-R1000用のブレンボキャリパーはΦ32×Φ32とピストン径が大きくなっている。


キャリパーピストンの総面積をマスターのピストン面積で割った

油圧レシオっていうやつがあるんですけどね、詳しくはここ見て(ぶん投げ)

http://low-life.net/gs/brake_2/index.html


マスターはブレンボセミラジアルΦ16なので、それぞれのキャリパーの油圧レシオを算出すると

住友MOS → 12.82

ブレンボ → 16



なので今回のキャリパー交換はピストン径の変化から効力の向上が期待出来る。


本来はそこからレバー比を算出して、油圧レシオと掛け総レシオを算出するのですが、

色々測ったり計算したりして途中で力尽きましたw


あとはマスターとキャリパーの相性とか個人の好みもあったりで、

正直やってみなきゃ分からない部分ではある。




3.取り回しとフィッティング



ブレーキホースの取り回しといえば代表的なもので3種類あります。

マスターから左右のキャリパーに直接伸ばすダイレクト

片方のキャリパーから反対側のキャリパーにバイパスさせるバイピース(通称h型)

マスターとキャリパーの間でもう片方のキャリパーに分岐させるトライピース



それぞれ特徴はあるようだが、TLでも採用実績のある

トライピースで組むとして部材は以下の通り。

(全てステンレスフィッティング)


ブレーキホース(410mm、360mm、435mm)

R0011936.jpg


バンジョーアダプター(ストレート×1、45°×2)

R0011938_20181120235824ae0.jpg


バンジョーボルト(シングル×3 ピッチ1.25)

※スズキのブレンボキャリパーはピッチ1.25

R0011948.jpg


3ウェイアダプター

R0011937.jpg


ホースクランプとか色々

R0011939.jpg




4.交換作業



ブレーキホースを外してキャリパーも交換

R0011935_201811202329075d5.jpg


ブレーキパッドは以前2りんかん祭りで特価で手に入れたベスラのスポーツパッドを使います。

R0011713_20181120233246677.jpg


ホース類を繋いで完了。と思いきやバンジョーボルトを買い忘れるというチョンボ。

雨の中原付でナップスまで買いに行きました。




5.問題発生



スズンボキャリパーは他のブレンボモノブロックキャリパーと違い、

ブリーダーボルトが内側に付いています。

そのせいでホイールの90°クランプインバルブの頭と干渉してしまいましたガッデム!

R0011945_20181121000431c0e.jpg



最終的にはNEXのエアバルブキャップに交換して

ギリギリ回避出来ました。(何故か黒が無かった)

R0011967.jpg
R0011968.jpg



バイヒースで組む事を前提に設計されて

ブリーダーボルトを内側に持ってこざるをえなかったのは分からなくはないが、


元を辿れば

タイヤ交換でエアバルブキャップを付け忘れたスピードスターが悪い(キリッ


あと内向きのブリーダーボルト、すっごいエア抜きし辛い。。。




6.エア抜きの新兵器



ブレーキホースを交換したら待っているのは鬼門であるブレーキフルードのエア抜き。

毎回この作業に苦しめられているので、何か楽にエア抜きできる方法は無いかと色々調べた結果…


\シャンプーボトル/

R0011956_201811202329090ac.jpg



シャンプーボトルのポンプを使ってエアを吸い出すという一部の界隈では定番の手法ですが、

吸い出したフルードがボトル内に貯まるようにシリコンチューブを取り回しています。

ちなみにモノ自体はダイソーで買ったシャンプーボトルです。


実はTLのトキコキャリパーでピストンポロリやった時に試しに使ってみましたが、

今までのエア抜きは何だったんだと思うくらい楽すぎてハゲそう。

そんな感じで今回のエア抜きでスコスコやってたらシャンプーボトルもげたw

所詮は100均か…




7.インプレ(キャリパー)


φ16セミラジアルマスター、φ32×φ32ブレーキキャリパーの組み合わせによるブレーキタッチですが、

かなりスポンジーな感じ。違和感がめっちゃ仕事してます。

R0011959_20181120232911cd8.jpg



ただ、レバーがスロットルに付くほどストロークする事は無く

奥の方ではガツッと制動してくれます。

効き始めから握り込みMAXまでのストローク量が大きいのでコントローラブルではあるが、

ブレーキの遊びが大きすぎるので、マスターのサイズを上げなきゃダメかも。




8.インプレ(ブレーキパッド)



最初全然効かねぇ!糞パッドじゃねーか!

と思ってたらブレーキのアタリが出てないだけでしたすいません。

R0011718_20181120233245bb1.jpg


アタリが出てからは効きも悪くなく、可もなく不可もなしって感じですが

奥で握り込んだ時の制動力に差があるので、ジクーやメタリカを使ってた人からすると不満が残る。

最初からいいもん使っとけって事ですかね。




9.インプレ(ブレーキホース)



お陰様で干渉するものが無くなったので、

車体のゴムキャップ外してスタンド付属のφ19アダプターを付ければ

フロントホイホイです。やったぜ!

R0011965.jpg




10.まとめ



ブレーキホース交換によるフロントスタンド利用は可能となりましたが、

キャリパー交換によって色んな所に影響が出てしまい、

弄る事の難しさを改めて認識した次第です。(元に戻すとは言ってない)


ブレーキってのはバランスで出来ているから、キャリパー変えるなら(ピストン面積変わるなら)

一緒にマスターのピストン径変更(マスター交換)も視野に入れないとダメってことですな。


そう考えるとブレーキ弄りは結構お金かかるから、金銭的に余裕がないなら

ホース交換とかパッド交換程度でやめておいたほうがいいと思いました。


以上
=================================
ブレンボモノブロックタイプのメタリカパッド、来年1月までメーカー在庫無しってマジ?
にほんブログ村 バイクブログ ヤマハへ にほんブログ村 バイクブログへ

スポンサーサイト



[ 2018年11月21日 00:40 ] カテゴリ:MT-01 | TB(-) | CM(2)

差し替えるはずが刺し違えた。の巻

ブログを覗いたら何か色々変わってる!

という反応があるかもしれないし、頻繁に覗くようなモノ好きなんかいないかもしれない。

そんな感じでブログを一新しました。



一新したと言ってもテンプレートを変更してスタイルシートの小変更を入れただけですが、

TL手放したしヘッダーの画像を変えようと思ったらスタイルシートの編集に失敗して

バックアップも無くて元に戻せなかったのでスタイルシートを新しくしたというオチ。



ヘッダーの写真は11/3に袖ヶ浦フォレストレースウェイで行われたイベントで

バイク界隈で話題沸騰のノブ撮りで撮ってもらいました。



こんな感じで撮影されたものが

R0011909.jpg


こうなります。

IMG_20181115_130956.jpg

撮影や加工の技術はプロのプレイと言わざるを得ない。



テンプレートを変えたお陰でスタイルシートが弄りやすくなったので、

ブログ自体は出来るだけシンプルなフォーマットを使いつつ、少し文字を大きくして

読みやすいようにと考えたりはしてますが、肝心の文章は・・・もうちょっとがんばります。



少なくとも

背景でGIF画像ニュルニュル動かして

顔文字多用して読みづらい文章を並べて

ポイント不正操作でランキング上位に張り付く

何処かの白○みたいな事はしないように気をつけています。



最近ではTwitterばかりでブログの更新頻度ガタ落ちですが、

せっかく10年以上やってるブログなので、これからも自分のペースで

ひっそりやっていこうと思っています。


以上

=================================
Twitterで○隼のアカウント見つけて条件反射でブロックした。
にほんブログ村 バイクブログ ヤマハへ にほんブログ村 バイクブログへ

[ 2018年11月20日 01:11 ] カテゴリ:日記 | TB(-) | CM(0)

渡る世間は罠ばかり!の巻

最近えなりかずき見かけないね。



バイク弄りでその車両の特性やコツみたいなものを予め抑えておかないと

思いがけないトラップに嵌ってしまう事ってあるかと思いますが、

今回は小ネタになりますが、MT-01のちょっとしたトラップを紹介します。


ていうか他に紹介してる所が無かったのでココで紹介します。



それは

MT-01のナンバー灯


最近はLED球の普及でハロゲン球をLED球に変えたりする事もあるかと思いますが、

ナンバー灯交換の手順を交えて罠について説明していきます。



まずはプラスネジ2本外してカバーを外します。

R0011863_20181106010037489.jpg



内側にもう1つカバーがあるのでこれもプラスネジ2本外してカバーを外します。

R0011864_20181106010200dd3.jpg



そうするとナンバー灯の電球が見えてきます。

R0011865_20181106010036d14.jpg



形状はよくあるT10ウェッジ球。

同じ形式のLED球を買ってきて付ければいいのですがちょっと待ってほしい。

R0011866_2018110601032531f.jpg



LEDウェッジ球の差し込み部分の端子を見てもらうと

写真のように端子が折り返しているものが多く存在しますが、

R0011868_20181106010404ef8.jpg



そのまま刺してイグニッションをONにしないでください。

ヒューズが飛びます。


CYZ2qM1UEAES5_y.jpg




一般的なウェッジ球の端子は左右で極性が別れていますが、

R0011868_1.jpg



MT-01のナンバー灯の端子は上下で極性が別れています。

R0011868_2.jpg



そこに端子が折り返されたLED球を刺して通電すると

プラスマイナスが直結されてヒューズが飛ぶってわけです。





自分これでヒューズ2個飛ばしましたw



電球は極性が無いので端子が片側ずつしか出ていなくても問題無いのですが、

LEDには極性があり取り付け場所の形状や向きに対応する為に端子が折り返してあります。

ただ、MT-01のナンバー灯ではそれが裏目に出てしまうってわけです。



対策はLED球端子の折り返し部分を

R0011869.jpg



ぶった切るだけ。まったく簡単だ!

R0011871_2018110601041085f.jpg



あと自分の車両だけかもしれませんが、接触が悪いので車両側やLED側の端子を起こして

いい感じにしてください。



ヨシ!

R0011872.jpg



あとはカバーを戻して完了です。

R0011873_2018110601041345a.jpg



たかだかポン付けのLED球交換ですが、こういう罠が潜んでいたりします。


恐らくMT-01のナンバー灯に限らず他の車両でも同様の罠が潜んでる可能性もあるので



「LED球に交換したらヒューズが飛んだ!

このLED球は不良品だ!謝罪と交換を請求しる!」




みたいなキムチ臭い事を言う前に車両側の極性は事前に確認しよう、な。


新たなヒューズの犠牲を出さない為に!

R0011808_20181106010923bb4.jpg


以上

=================================
フェンダーレスにしてナンバー周りごっそり交換したい
にほんブログ村 バイクブログ ヤマハへ にほんブログ村 バイクブログへ

[ 2018年11月06日 01:17 ] カテゴリ:MT-01 | TB(-) | CM(4)
ここの人

すずどざ

Author:すずどざ
MT-01とかのバイクのお話。

twitte
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログ内検索
月別アーカイブ