おれ☆せん! マグロの旨さは赤身で決まる!の巻

バイクネタが中心、ときどきアニメ、それ以外はTwitterで。

マグロの旨さは赤身で決まる!の巻

以前にも書いた通り、チェーンメンテナンスの際は

基本的にホワイトルプを使用していません。



粘度が高すぎる事によるフリクションの増大、チェーン寿命の短命化等もありますが、

何よりもスプロケカバーを開けた時のあのクソ忌々し暗黒物質(ダークマター)の除去が困難である事から

チェーンソーオイルやエンジンオイルを使ったチェーンメンテを行っています。



しかしこのメンテナンスも200kmも走るとチェーンの油分が飛んでしまうため

長距離走行には不向きである。


ロングツーの時にチェーンの油分が切れてチェーンノイズが大きくなると

精神衛生上よろしくない。


出先で注油というのもセンタースタンドが無いバイクには重労働であり

何よりも傍から見て怪しいw


そうなると行き着く先はチェーンへの自動注油装置となるわけだ。


自動注油装置といえばスコットオイラーが有名どころですが、

自作する強者もいる中、今回自分も自動注油装置を導入しました。


それが

TUTORO Automatic Cain Oiler

である。


イギリスの公式サイトから直接購入して

http://www.tutorochainoiler.com/

送付先を入力してペイパルでお支払いすれば

1週間ちょっとで届きます。

まったくかんたんだ!


種類は3種類


最小限の内容物のベーシック(赤身)


専用オイルとか色々付いてるデラックス(大トロ)


その中間のスタンダード(中トロ)


とあります。


今回はスタンダード(中トロ)を2貫購入。

R0017599_R.jpg


TUTOROはスコットオイラーのように負圧を利用して注油を行うのではなく

容器内の錘が車体の振動によって上下する事により

吐出口の開閉が行われるという仕組み。

R0017601_R.jpg


仕組みが単純なので取り付けが容易で不具合が出にくい

まさにシンプルイズベスト!

という考えから今回の導入に至りました。


それでは走る実験台のTL1000Rに取り付けます。


タンクの取り付け位置は付属のステーを使ってシートレールに固定。

R0017602_R.jpg


そこからホースを這わせてドリブンスプロケット付近にオイルが落ちるように設置。

R0017605_R.jpg

R0017606_R.jpg

R0017604_R.jpg


そうそう、ホースを固定する用に留め具を買っておいた方がいい。

エーモンのこれでいいでしょう。

R0017603_R.jpg


オイルはシグナスのオイル交換で余ったエンジンオイルを使用します。

R0017610_R.jpg


ギアオイルとかチェーンソーオイルといった粘度の高いオイルでもいいのですが

自動注油だし洗浄力の高いエンジンオイルでいいでしょう。


R0017608_R.jpg


取り付け後に実際に走ってみた。


やはりチェーンオイルで体感できるのは

チェーンの滑らかさ、そしてチエーンノイズの少なさ。


チェーンの音が反響して聞こえてくるのですが、

シロルブ使ったりチェーンの油膜が切れると

ジャーーーーー!

とか

ミ゛ャーーーーー!


って不快な音が聞こえるのですが、


その音が


サーーーーッ


って感じで不快な音がしないどころかとても気持ちいい。

まじシコれるw


そしてこのピカピカヌラテカのチェーン。

綺麗な色してるだろ。3万km走ってるんだぜ。それで。

R0017614_R.jpg


オイルでヌラテカエロ光りするチェーンを見てるだけでイキそうwww

この感触と感動を味わうとルブには戻れない。



しかし、そんないいことばかりではなかった。


【悲報】吐出量が多すぎて大惨事。


全締めから2回転戻しで設定したら

タンクの中身なくなって写真撮る余裕もないくらい酷い事に。

ヌラテカチェーンでイク前に転倒で逝くところだった。

ホントよくコケなかったなと。


某掲示板で全締めから1回転戻しとか2分で1滴という設定基準の情報をゲットして

全締めから半回転開けで2分で1滴になったのでこれで運用してみる。

この辺は気温や使うオイルの粘度によって変わってくるので

セッティング地獄に嵌りそうな気がするw


フリクションとパワーロスの低減、燃費向上、

チェーンスプロケの高寿命化といいことづくめのチェーンオイラー

そしてフリーメンテナンス化を実現した自動注油装置。

激しくオススメしたいところだが、そうもいかない。


一歩使い方を誤ると非常に危険が危ない。

今回のように吐出量を誤るとオイルが無くなるまで大量のオイルを履き続け

リアタイヤがオイルまみれ、転倒死亡というリスクが高くなる。


以前、どうして国内でこういう自動注油システムが出まわらないのか?

チェーンメーカーの陰謀なのか?

と考えていた時期がありましたが、上記のようなリスクが有り

万が一の死亡事故が起こった時にPL法で製造者が責任を問われる。

こういうのがあるから国内のメーカーは手を出せないのではないのかと考えられる。


使用する際はこういうリスクがあることを念頭に置いて使用してもらいたいと思うます。


まあ、俺にはメリットの方が大きいからMTにも導入だけどな!

R0017615_R.jpg

R0017616_R.jpg

タンクの取り付け方法はもうちょっと考えよう。


以上

=================================
MTのチェーンスプロケ交換したい。
にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ にほんブログ村 バイクブログ ヤマハへ にほんブログ村 バイクブログへ

スポンサーサイト
  1. 2015/04/23(木) 00:09:56|
  2. バイク全般
  3. | コメント:2
<< | ホーム | 困ってなくても神頼み!の巻>>

コメント

スコットオイラーをRD07アフリカツインに取り付けて20年近く使ってます。

負圧を引かなくていいのは 簡単で良いですね。

本体取り付けは理論上 垂直に取り付ける必要がありそうですねぇ

スコットオイラーは吐出調整を絞ってもエンジンオイル満タンで400km~500kmで空になります。

チェーンは長持ちしますがFスプロケが30000kmほどでお亡くなりになりますから そのタイミングで同時交換ですね。

オイルの飛び散りを許容出来る人なら 有りだと思いますよ。
  1. 2015/05/04(月) 10:58:30 |
  2. URL |
  3. 天下無双アフリカツイン #CoCUPYgA
  4. [ 編集]

>天下無双アフリカツインさん
コメントありがとうございます。

TUTOROは取付方法は制限されますが、取り付け自体は簡単で
仕組みも単純なのが魅力です。

オイルの飛び散りは簡単に拭き取れるので個人的には充分許容範囲内ですね。
  1. 2015/05/07(木) 12:54:39 |
  2. URL |
  3. すずどざ #hX6ITaas
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

ここの人

すずどざ

Author:すずどざ
TL1000RとかMT-01とかのバイクのお話がメインで
その他いろんな事をgdgd書いてる
日記みたいなサムシングです。

twitte

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

RSSフィード

ぬるぽ