おれ☆せん! タペット調整、上からやるか 横からやるか。の巻

バイクネタが中心、ときどきアニメ、それ以外はTwitterで。

タペット調整、上からやるか 横からやるか。の巻

やあ、「君の名は。」の感覚で観てガッカリしたみんな~(挨拶)


今回もシグナスXのネタです。

うちのシグナスXですが、いつ頃からか忘れましたが

エンジンかけてすぐ数十メートル走ってアクセル戻すとエンストするんです。


しかも、一度エンストするとなかなかエンジンが掛からなくて

キーを数回OFFONするとエンジンが何とか掛かる。


エンジンが暖まるとこの現象は出ないのですが、

冬の時期だけだと思ったら夏もこの現象が出るし

ECU、TPSのリセットをしても現象は変わらない。



ちくしょう!マジ一体何なん???

tikusyou.jpg



そんな中ふと見つけたのが、シグナスX タペット調整の情報。

出ている現象が自分と同じでタペット調整で解決している事例が2件ありました。

http://jm-competition.com/cygnusxtappet/

http://pacific571.sblo.jp/article/175096671.html



コレや!コレで行けるッ!

と確信して休みに入って必要な工具を買ってきて作業開始です。


今回追加で購入したのは

シックネスゲージとタペットアジャストツール。

R0010058_R.jpg



最近Twitterで

意識高い系整備士がよく言う「アストロは糞」はシカトでいい。

というツイートを見たが、ほんとコレ!

自分含めアストロにお世話になってる人は少なくないはず。



早速作業開始です。

やり方は上記のURLに書いてる通りなので特に変わった事は無いのですが

まずはシートのところのカバーを開けてイグニッションコイルとケーブルを外します。


吸気側(エンジンの上の方)のタペットカバーをご開帳。

R0010059_R.jpg

R0010061_R.jpg


次は圧縮上死点を出します。

やり方は17mmソケット突っ込んで右に回して吸気側タペットが動いたのを確認して

クーリングファンの点検窓を覗きながら矢印とTの印を合わせます。

点検窓は昼間でも見づらいのでペンライト必須です。

R0010062_R.jpg



ただ、うちのシグナスは社外マフラーを入れているので

エキパイがクッソ干渉しまくる!

無理やりレンチ突っ込んで回しましたw

R0010063_R.jpg



じゃあ、吸気側から見ていきますかね。

吸気側タペットクリアランスの既定値は0.10~0.14mm


これはシックネスゲージを突っ込んでギャップを観るのですが、

買ったやつは0.10~0.20は0.05刻みしかなく、

その下が0.05しかないので重ねて使うことも出来ない。


とりあえず、0.10が入って0.15が入らなかったので規定値内って事で吸気側はOK



次は排気側。

R0010060_R.jpg


排気側タペットクリアランスの既定値は0.16~0.2mm

こちらは0.15のゲージが入らなかったので既定値から外れてるってことで調整します。

R0010064_R.jpg



調整はタペットアジャストツールで外側の8mmナットを緩めて

真ん中の四角形のタペットを調整。

シックネスゲージでギャップを測りつつ位置が決まったら

タペットが動かないように8mmナットを締める


作業の流れとしてはこんな感じ。(作業に必死で写真がありませぬ)


ただ、吸気側は下を向いているのでマジで作業しづらい。

シックネスゲージを上とか下とか横から突っ込みつつタペットを調整する作業は

苦行 is 苦行でしか無い。


とにかく中が暗いし外装とかフレームとか邪魔でブッタ斬りたい気分になるし

しかも工具が隙間に落ちてヴガアアアアアア!ってなったり

キレそうというかキレながら作業してたw


エンジン分離して作業すれば楽なんだろうけど

分離作業のほうがめんどくさい。



あと、シックネスゲージを突っ込んだ時の感触は

「羊羹を切る時の感触を基準にすると良い」

という話を聞いたが、

うち羊羹はとらやの1口サイズを丸かじりする派なんだすまない。


その辺はやってて何となく分かったので、

羊羹買ってきて練習する必要はありませんでした。



排気側は0.15が気持ち緩めに入りつつ0.20が入らないレベルまでに調整して妥協w

元に戻して作業完了です。



早速実験でコールド状態から数十メートル走ってアクセルを緩めます。


エンジン止まりません!


アイドリングも全体的に安定してる!


大成功です!やったぜ!



今回考えられる原因としては、排気側のバルブクリアランスが詰まっていた事で

燃焼室に隙間が出来て圧縮不足が発生していたって事かな?


冷えてる状態だと混合気の膨張も少なくて再始動でエンジンが掛かりづらい

暖まってる状態だと混合気が膨張して圧縮が抜けにくくなって

エンジンも止まらないし再始動も容易。そんな所だろうか。


あくまでも予想なので事実は異なるかもしれないが、

タペット調整で現象が改善したのは間違いない。



同様の現象でお悩みの方はタペット調整

やってみる価値はあると思います。


以上

=================================
次やる時はお店にお投げようw
にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ にほんブログ村 バイクブログ ヤマハへ にほんブログ村 バイクブログへ

スポンサーサイト
  1. 2017/11/02(木) 00:18:24|
  2. シグナスX
  3. | コメント:2
<< | ホーム | おどりゃクロモリ!の巻>>

コメント

意識高い系w

ご無沙汰しております。
本日、FJR1300 が納車です(≧∇≦)
私の周りにもスナップオンの工具が最高でそれ以外はクソだと言い切る意識高い系が居ますw
ワシはKTCもシグネットも大好きです。アストロ、ストレートにもお世話になってます。
が!、、、イチバンお世話になっているのはそれらを使って整備してくれているバイク屋のオヤジ!
もう、ここ数年オイルすら自分で変えていない(≧∇≦)
  1. 2017/11/11(土) 09:39:28 |
  2. URL |
  3. てんてん #-
  4. [ 編集]

>てんてんさん
納車おめでとうございます!
新しいバイクでガンガン走ってください!
もし物足りなくなったらまたMTを増やしてもええんやでw

工具に限らずバイク屋に作業を投げる行為を糞という自意識高い系も存在しますが、
愛車のコンディションを保つ手段なんか何でもいいと思いますし
作業によってはお店に任せた方が安上がりな事もありますからね。

信頼出来るメカニックがいるのは大事です。
  1. 2017/11/11(土) 15:31:05 |
  2. URL |
  3. すずどざ #hX6ITaas
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

ここの人

すずどざ

Author:すずどざ
TL1000RとかMT-01とかのバイクのお話がメインで
その他いろんな事をgdgd書いてる
日記みたいなサムシングです。

twitte

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

RSSフィード