おれ☆せん! 原因判明

バイクネタが中心、ときどきアニメ、それ以外はTwitterで。

原因判明

本日、近所のバイク屋でネジを取ってもらい一緒にクラッチを見てもらいましたが、滑りの原因が分かりました。
やはり組み方が悪かったようで、正しい組み方を教わり工賃(授業料)を払って 引き上げてきました。
自分が失敗した部分を含めて交換手順を紹介します。

材料です。
IMGP1844.jpg
何かごちゃごちゃして分かりにくいので下記の通りです。
クラッチ板(21441-02F11) ×8
クラッチ板2(21442-02F11) ×1
レリーズプレート(21451-02F10) ×8
クラッチスプリング(21413-02F10) ×6
シートウェーブワッシャー(21471-02F10) ×1
クラッチプレートウェーブワッシャー(21472-02F10) ×1
クラッチカバーシール(11484-02F10) ×1
合計26000円くらい

交換開始です。
クラッチカバーを開けるとクラッチがオス!オラ悟空!
ちなみに車種によってはカバーを開ける前にオイルを抜く必要がありますが、TL1000Rの場合は
サイドスタンドを立てておけばオイルがこぼれる事はありません。
IMGP1845.jpgIMGP1846.jpg

ボルトとスプリングを外してプレッシャーカバーを外します。
IMGP1847.jpg
車種によってはボルトを外した際にスプリングが
   。 。
  / / ポーン!
( Д )

と飛ぶらしいのですが、 TL1000Rの場合は大丈夫でした。

クラッチ板とプレート、ワッシャー2枚をごっそり外します。
IMGP1850.jpg

新しいパーツを組み込みます。
まず、平たい方のワッシャーを組み込み、角度のついたワッシャーを組み込みます。
角度の付いたやつは凸っている方を内側にします。
IMGP1851.jpgIMGP1852.jpg

クラッチ板とプレートを組み込みます。
クラッチ板にエンジンオイルを塗って組込みます。
IMGP1854.jpgIMGP1855.jpg

プレートを組み込みます。
IMGP1856.jpg

男女男男女女男女男女とならないようにクラッチ板→プレートを交互に組んでいき、
最後のクラッチ板は嵌める溝をずらして取り付けます。
IMGP1857.jpg
注意!!
クラッチ板は2種類ありますが8枚の奴(21441-02F11)と1枚の奴(21442-02F11)がありますが、
1枚の奴(21442-02F11)を一番奥側に組みます。
自分は間違えてこいつを一番手前に組んでクラッチがずるずるになりました。
上の写真は間違えて21442-02F11を手前に組んでしまったやつなので良い子も悪い子も真似しないように。
まあ、サービスマニュアルをちゃんと読めば載ってるんですけどね orz

プレッシャーカバーを取り付けて新品のスプリングをボルトを取り付けます。
ここのトルクは1.0kgf・mです。
クラッチが滑りまくってここの締め付けが足りないのかな?と思ってガッツリ締めてガッツリ折ってしまいました orz

クラッチカバーに新品のシールを組んでカバーを取り付けて終了です。
IMGP1858.jpg

現在新しいボルトを注文していますので、届いたら組み込んで終了です。

今回はしょうもないミスで明日のトミンがダメになってしまいましたが、
バイクの整備だけでなく人生もそうかもしれませんが失敗から学ぶ事は多くあり、
今回の経験でまた整備レベルが上がったのかな?と思ったり思わなかったり。

教訓
サービスマニュアルはちゃんと読みましょう。


以上。

ぼくたちの失敗 森田童子/ベスト・コレクションぼくたちの失敗 森田童子/ベスト・コレクション
(1993/03/10)
森田童子

どちらかというと山崎ハコ派!

商品詳細を見る
スポンサーサイト
  1. 2008/07/20(日) 20:31:41|
  2. TL1000R
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<< | ホーム | クラッチ交換・・・しかし>>

コメント

おつカレーライス。
原因が明確で、かつ、早く判明しましたね。
しかし、そういうオチだったとは。。。。
いずれにしてもこれで滑ることなく走れますな。
ちなみに授業料はおいくらまんえん?
  1. 2008/07/21(月) 00:53:26 |
  2. URL |
  3. M #JalddpaA
  4. [ 編集]

>Mさん
ちゃんとマニュアル読んでれば分かるレベルだったんですが・・・。
とりあえずスプリングを止めるボルトが届いて組込みが完了したらトミンのストレートで
フロントをポンポン浮かせられるように頑張りますw
工賃(&授業料)が1樋口3野口といった感じです。
高いか安いかは正直微妙な所ですが、自走も不可能な状態だったのでしょうがないかと。
  1. 2008/07/21(月) 02:15:02 |
  2. URL |
  3. すずどざ #hX6ITaas
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://suzudoza.blog84.fc2.com/tb.php/295-f5ae9460
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ここの人

すずどざ

Author:すずどざ
TL1000RとかMT-01とかのバイクのお話がメインで
その他いろんな事をgdgd書いてる
日記みたいなサムシングです。

twitte

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

RSSフィード

ぬるぽ