おれ☆せん! 花と削り出しは美しい!の巻

バイクネタが中心、ときどきアニメ、それ以外はTwitterで。

花と削り出しは美しい!の巻

かわいいが正義なら美しいは・・・なんだろ?

どうも、醜いすずどざです。


今回はシグナスXの話。


この下駄バイクもなんやかんやで23000kmほど走って

駆動系がヘタって元々かったるい加速が更にかったるくなり

消耗品の劣化だけが加速している状態だったので


今回駆動系をリフレッシュします。



交換する物の詳細です。

R0015566_R.jpg



Vベルト

R0015567_R.jpg


ミッション車でいうチェーンの部分ですね。

社外品で強化ベルトなんていうものもありますが、

結構寿命も短かったり急に切れたりする事もあるそうなので

今回は純正を使用します。


強化されてない強化ベルト(´゚ω゚):;*.':;ブフォ!!


純正のVベルトは仕様や年式で長さや品番が異なるので

ちゃんと仕様に合ったものを使いましょう。

2chからのコピペですが、シグナスX純正ベルトは以下のとおりです。
5ML-17641-00 800mm(~04)
5ML-E7641-00 794mm(05~現行、台湾4期)
4C6-E7641-00 792mm(台湾5期)
5S9-E7641-00 802mm(BW'S)


ちなみに先代シグナス(台湾4期)に国内仕様のベルトを使ったら

こうなりました。

http://suzudoza.blog84.fc2.com/blog-entry-634.html



スライドピース

R0015568_R.jpg


プーリーとランププレートの間に付けるアレ。

プーリーが動く時にここが摩耗するので

消耗品という事で交換します。

本当は純正が欲しかったのですが、

在庫が無かったので、KN企画の強化スライドピースを購入しました。



ボスワッシャー

R0015569_R.jpg


BW'S100/Gアクシス純正のボスワッシャー(0.95mm)を追加します。

シグナスXは出だしが銀魂の将軍のブリーフ並みにもっさりしてるので

厚めのボスワッシャーに交換してプーリー側のベルトを落とし込んで

出だしを速くします。

シグナスXだとマジェスティ125純正のボスワッシャー(0.8mm)を

2枚を入れるのがセオリーですが、

0.95mm1枚で様子を見てみます。



ウエイトローラー

R0015570_R.jpg


ここも使用しているうちに偏磨耗を起こすので新しく交換します。

重量によって加速寄りにするか高速寄りにするかセッティングが出来ます。

ちなみに台湾仕様は純正で9g×6個が使用されています。

今回はデイトナ製のウエイトローラー9g×3個と11g×3個を使用します。

異なる重量を導入した理由は次にて。



プーリー

R0015571_R.jpg


消耗品としての交換ではないのですが、

星野設計のエクストリームローズを入れてみました。

T-MAX乗りのたこびゅさんがここのプーリーを絶賛しており、

シグナス用も作っているとのことで今回導入してみました。


このジュラルミン削りだしがバラのように美しい!

まさに芸術品である。


でも装着すると見えません:;*.':;( ´'ε'` )ブフォ!!


このプーリーの特徴は

中低速セッティング用と中高速セッティング用でローラーの溝が別れており

中低速域と中高速域を分けてセッティングする事が出来るんですって。


左が中低速の溝、右が中高速の溝。

それぞれ溝の深さが若干違っており、

中低速の溝に軽いウエイト、中高速の溝に重いウエイト

を設定するようになっています。

R0015572_R.jpgR0015573_R.jpg


今回は中低速に9g、中高速に11gをセットします。



早速交換開始です。



交換は先代シグナスで散々やってきており、5期も構造が一緒だったので

問題なく作業ができました。



駆動系のカバー取ったらフィルターが真っ黒!

これは台所洗剤(キュキュット オレンジの香り)で洗って乾かして装着しました。

R0015575_R.jpg



カバーご開帳。

ベルトの削りカスで真っ黒きちゃない!

R0015576_R.jpg



プーリーとクラッチ周りを外して軽く掃除。

掃除しきれてない(´゚ω゚):;*.':;ブフォ!!

R0015577_R.jpg



ウエイトローラーは軽く摩耗してますな。

R0015581_R.jpg



Vベルトは新品約22mmに対して古いのは約21mm

使用限度って何mmだっけ?

R0015578_R.jpg

R0015579_R.jpgR0015580_R.jpg



新しい部品を組み込んで元通り組み付けます。
R0015582_R.jpgR0015583_R.jpg


ボルトの締め付けトルクは

プーリー側 4.5kgf・cm、

クラッチ側 6.0kgf・cm


はい、ここテストに出ます。

どこのテストに出るかは・・・知らんw



カバーを締める前に試運転して異音がないか確認。

写真はピンぼけだが大丈夫だ、問題ない。

R0015584_R.jpg


それにしてもプーリーフェイスに邪魔されてものの見事に

削りだしプーリーが見えないwww


男は外から見えない部分に拘れという格言を聞いたことがありますが、

このプーリも外から見えないながらも

薔薇のような美しさと男気溢れる拘りが込められているのでしょう。多分。



次の日、走りに行ってみた。

R0015585_R.jpg



出だしはワッシャーを追加したおかげで今までよりかは良くなったが、

イマイチこうガツンとくる出だしがない。

やっぱりもう少し落とし込んだほうがいいかもしれない。



エクストリームローズプーリーの効果ですが、

中高速域の加速や伸びがなかなかいい感じになったのですが、

低速域がスッカスカでエンジンの回転数だけ上がるって感じです。

通勤に使うバイクでこれはちょっといただけない。


とりあえず出だしと低速域の改善だな。



セッティング地獄に嵌ってしまうのか?

こうご期待。


以上。


=================================
ノーマルで乗り続けるという決意は何処へやら・・・
にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ にほんブログ村 バイクブログ ヤマハへ にほんブログ村 バイクブログへ

スポンサーサイト
  1. 2013/08/01(木) 02:50:44|
  2. シグナスX
  3. | コメント:2
<< | ホーム | 清里で会いましょう、全国TLミーティング!の巻>>

コメント

ローズ導入おめナリ。
低速スカスカなのは、ウエイト総重量が純正より重い
設定なので、変速遅れているからじゃ無いのカニ?
セッティングも一度出れば変える必要無いので、
まずはググッて先人達の情報入手ですね。

最高速を落とさずに、加速が気持ちイイ所を探すってのが肝ですよね。
今後の展開に期待(*゚・゚)
  1. 2013/08/01(木) 06:48:56 |
  2. URL |
  3. たこびゅ #-
  4. [ 編集]

>たこびゅさん
シグナスのセッティング情報が少なくて
なかなかいい情報が見つからないのですが、
まずは中低速域のウエイトを8gに変えて様子見ですね。

出だしもワッシャーを追加したいところですが
フィンがケースに干渉する可能性があるので
出来れば星野ランプレを追加したいです。
でも高い(´・ω・`)
  1. 2013/08/01(木) 12:33:36 |
  2. URL |
  3. すずどざ #hX6ITaas
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

ここの人

すずどざ

Author:すずどざ
TL1000RとかMT-01とかのバイクのお話がメインで
その他いろんな事をgdgd書いてる
日記みたいなサムシングです。

twitte

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

RSSフィード

ぬるぽ