おれ☆せん!

バイクネタが中心、ときどきアニメ、それ以外はTwitterで。

スプリング交換まじバネェ!の巻

いいタイトルが思いつかず軽く怪我してますが、

MTのリアサススプリングを交換しました。



1.交換の経緯



カスタム虎の穴5巻やネットの文献を読み漁ってサスペンションセッティングのお勉強をした中で、


サスペンションはスプリングありき、大事なのはスプリングを合わせる事。

その為のプリロード調整・サグ出しであり(サグ出し不要論もあるみたいですが)

プリロード調整範囲を超えるようであればスプリングを交換したほうがいい。



という事は分かった。



その中でスプリングレートを意識する事が重要であり、スプリングレートの合っていないサスペンション、

特に体重に対してレートが強すぎて動かないスプリングはリジットサス化してしまうので

有名メーカーのサスペンションだろうとゴミで無価値になるという事みたいです。

http://rgarage.blog59.fc2.com/blog-entry-852.html
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-376.html



MT-01のリアサススプリングについてこのような先人の知恵がありました。

http://purple.ap.teacup.com/mt-01/19.html


ノーマルサスのスプリングレートは約19kg/mm

そしてオーリンズのスプリングレートは16.3kg/mmとえらい差がありますが、

ノーマルのスプリングレートがガチムチ欧米人の体重(+荷物ガン積みやタンデム)を想定していて

オーリンズは体重60kg台の人(1人乗り)を想定しているそうです。



自分の体重は一時期ダイエットで減量したものの、桜木花道張りのリバウンドをキメて

見事に体重がむちむちポーク化しました。(80kg台後半)

なので、オーリンズのスプリングレートが合っていない可能性が無きにしもあらずという状態。



とはいえオーリンズリアサスのデフォルト15mm掛けでサグが出ていて、

実際走って底付きもなく挙動も問題ないといえば問題ない。



で、今度はこんな記述を発見。

スプリングの硬さとプリロードに付いて

―――――――――――――――――
交換の目安はスプリングの自由長から10%以上のプリロードを掛けなければならない場合

スプリングレートを上げるとも言われています。
―――――――――――――――――


自由長150mmに対して15mm掛けって既に10%じゃね?

いっぱいおっぱいじゃね?

おっぱいとスプリングでボインボインじゃね?(謝罪)


もしかするとスプリングレートを上げてプリロードを抜けるようにすれば

挙動や乗り心地が変わるかもしれない運転。



という事で

男は度胸、なんでも試してみるものさ

の精神でスプリングを交換します!





2.スプリング選び



オーリンズからレートの高いスプリングを取り寄せて交換というのもアリですが、

オーリンズのパーツは何故か高い、不思議!


値段も手頃で良いスプリングといえば代表的な四輪のスプリングメーカーで、

ドイツのアイバッハというメーカーがあります。

https://eibach.com/jp/node/4


四輪用オーリンズサスペンションのスプリングはアイバッハ製が使われているとか。


バイク用でも全長と内径が合えばレート選んでそのまま交換して使えるので、

今回はアイバッハスプリングに交換します。


あとオーリンズのダンパーにアイバッハのスプリング組むと

なんか通っぽいじゃないですか!
(そこかよ)



実はもっと前にスプリングを変える計画はしていたのですが、

兵庫のカーショップ(アン○ーレ)に注文出して

到着まで今しばらくお待ち下さいのメールから2年以上放置喰らいました。

もうてめぇの所は使わんからなア○ダーレ

※Twitterで放置食らわしたショップを香川県のショップと記載しましたが、
間違いでした。改めて訂正します。




今回は広島のバイクショップでアイバッハスプリングを扱っている

Garage414さんで改めて注文して、国内在庫有りで1週間ほどで届きました。

http://garage414.com/

DSC_0194_R_201805042342208e5.jpg


品番 0600 225 1000

内径 58.42㎜(2.25inch) 全長 152.4㎜(6inch) レート 17.86kg/mm

DSC_0195_R_20180504234219818.jpg


レートは上記で紹介した先人の知恵を参考に自分の体重(現実)と向き合って決めました。





3.交換作業



何度もやってるので外すのは楽勝です。外すのは!

R0011094_R.jpg



スプリングもコンプレッサーいらずで交換も楽勝。

R0011095_R.jpg



プリロードアジャスターがクソミソになったので

金属製の新しいやつにしました。

R0011097_R.jpg
R0011098_R.jpg


R0011103_R.jpg




そして戻すのが相変わらず辛い。

ここの部分が何故か入らないガッデム!

DSC_0199_R.jpg



サス本体の穴をずらしてユニットのカラーを抑えながら取り付けて

ごっついマイナスドライバーねじ込んでグリグリしながら穴の位置を合わせて

シャフトを叩き込むみたいな感じで取り付けは出来ました。



交換後のプリロード位置ですが、

オーリンズスプリングが16.32kg/mmで15mm圧だから244.8kg

アイバッハスプリングは17.86kg/mmだから244.8を17.86で割れば13.7mm・・・14mm圧くらいでいいか。


と単純適当計算で設定したら



すっげぇ硬くなってる。ハッキリ分かんだね。

R0011106_R.jpg

この後めちゃめちゃプリロード抜いた。



結局自由長152mmからの8mm圧(144mm)でサグ出ました。

自由長に対して約5%、OKでしょう。


この日は交換で力尽きたので翌日。





4.インプレというか感想



1日ガッツリ走っての感想というか思った事レベルでしか書けないのですが、

つらつらと書いていきます。

R0011113_R.jpg


まずレートを上げたことによってゴツゴツして乗り心地が悪くなるのではないか?

というイメージでしたが、全く逆でした。


今まで以上にリアがよく動いて路面に対しての追従性が良くなり、乗り心地も良くなりました。

違いの分かる大人ではない自分でもこの違いはハッキリ体感出来ました。



恐らくレートを上げてプリロードを抜いた事によってスプリングへの初期荷重が減って

細かい動きにもリニアに反応するようになったのでは?みたいな。


オーリンズの時は16.32kg/mmで15mm圧だから244.8kg

対してアイバッハは17.86kg/mmで8mm圧だと142.88kg


これだけ初期荷重が変われば動きにも影響するのもまあ納得。

というかこんだけ差があって同じようにサグが出るのか謎なんですがこれは。

(そもそも計算合ってる…のか?)


カーブでの旋回時については今まではタイトなカーブで挙動が少し不安定だったのが、

安定するようになった印象があります。

ただ、これがスプリング交換の影響なのかプラシーボなのかは正直怪しいw


もちろん負荷を掛けても底付きは無く、

一般公道を普通に走るならこの仕様が合っているような気はします。


ただ、今まで低レートのスプリングにプリロードを強くかけて使用していたのがダメだったって事はなく

サーキット上で高負荷の掛かる環境で有効ストロークを稼ぐ方法としてこういうセッティングもあるそうな。

普通に走る分には意識しなくていい部分かな。

https://minkara.carview.co.jp/userid/703947/blog/25197366/
http://mizo916.blog31.fc2.com/blog-entry-444.html




5.まとめのようなもの



サーキットでタイム削る事に命を懸けるレーサーにとってサスペンションセッティングは重要事項ですが、

公道を走る一般ライダーにとっては

走る曲がる止まるの動作が安全に出来て

乗ってて不安や不満が無ければそれでいい


と思っています。



リプレースサス導入についてカス虎では理屈っぽく解説されてたけど、

欲しけりゃ買えばいいし、買って付けて満足できるならそれでいいじゃない。

実際金ピカのオーリンズカッコいいもんな!(結論)



最近のバイクだと最初から高性能サスペンションが付いていたり、

最初から前後オーリンズやホワイトパワーが付いていて、あとは設定と走りに集中してくれみたいな物もあるので

ああいうモデルはとてもお得だと思う。

というか欲しいw



ただ、ノーマルサスだろうがリプレース品だろうが

サスペンションセッティングの基本と言われるサグ出しやスプリングレート変更と言った


「スプリングを合わせる」


という設定は大事な事なので基本動作に不安や違和感があるなら

スプリングのレート含めて設定を見直してみると良いかと。

特にスプリングレートが合っていなくて車両に跨ってもサスが動かない、めっちゃ沈んで底付きしそう

等の症状が出る場合は危険が危ないので、すぐにでもスプリングレート変更をした方がいいでしょう。


この理屈でいけばTLのロータリーダンパーもスプリングを合わせれば使い物になるかもしれないが、

ちょっと訳あって試せないので誰か人柱よろ。



あとバイクのセッティングもそうですが、乗り手のセッティングも大事である。

こんなものばかり食ってたら身体のセッティングかどんどんズレて

車体のリセッティングが必要になるから気を付けような!(体重的な意味で)

R0011120_R.jpg


以上

=================================
俺、体重落としたらスプリングレートも落とすんだ(フラグ)
にほんブログ村 バイクブログ ヤマハへ にほんブログ村 バイクブログへ

  1. 2018/05/05(土) 01:57:54|
  2. MT-01
  3. | コメント:4

愛の思い出は重いで。の巻

柴田亜美のドラクエ4コマネタを覚えてる人はオッサン。


重いといえばMT-01の重量もそうですが、

このバイクのスロットルがメンヘラの愛情並に重い。

メンヘラと付き合ったこと無いから知らんけど。



特に長距離を走る時に高速でスロットルをパーシャルにすると右手の疲労がジワる。



そんな糞重スロットルを軽くする方法を調べてみると決まって出てくるのは


スロットルワイヤーを清掃注油しましょう!
基本中の基本ですよ!

(ドヤ顔)(ヲタク特有の早口)(アディダスの財布)(ドラゴンの裁縫セット)(瞬足)(コーナーで差をつけろ)



そんな事は知ってるし清掃注油しても重いんですよクソッタレ!



という事でスロットルが重い原因として考えられるのが



スロットルボディのリターンスプリング強すぎィ!


これ。



では、実際にリターンスプリングがどのような物がどのように付いているか?

実機でスロットルボディにアクセスするには何かと手間がかかる上に

調査の間、車両が動かせなくなる事もある。



それを踏まえて中古のスロットルボディを入手しての調査です。

DSC_0130_R.jpg



スロットルボディはミクニ製で、リターンスプリングはタイコを引っ掛けるアレに付いてるナットを緩めるだけで外せます。

R0011021_R.jpg


リターンスプリングはこんな感じ。

全長32mm 内径26mm 太さ1.4mm 12巻

DSC_0131_R.jpg



ケイヒンのFCRだとリターンスプリングが何種類かリリースされていて

交換が出来るようになっていますが、ミクニにはそんな気の利いたものはない。



じゃあFCRやその他のリターンスプリングを流用と考えると

一般的なのが右巻きなのに対してMT-01は左巻き。


クラッチやチェーンの位置だけじゃなく、リターンスプリングの巻き方向も逆とは…

お前はサウザーかと。



左巻きのリターンスプリングを探すとカワサキのジェットスキー用が出てきたが(カワサキか…)

内径が違うので流用は不可。



やはりワンオフで作ってもらうしか…と考えながらスロットルボディと睨めっこしていると



ここのスプリングの引っ掛けを

R0011026_R.jpg


こっちに引っ掛けりゃ軽くなるんじゃね?

R0011027_R.jpg


引っ掛け位置を変えてスロットルを回してみると僅かではあるが軽くなってるッ!

無加工で出来るしこの僅かな差が長距離走行で大きな差になるはずなのでやってみる価値はありそう。



ただ、実機でスロットルボディにアクセスするにはタンクだけでなく、

エアクリーナーボックスの脱着という鬼門が待ち構えている。



そして後日、重い腰を上げてエアクリーナーボックスとの直接対決。

R0011063_R.jpg



やったぜ!

R0011064_R.jpg




エアクリーナーボックスの外し方としては


・タンクを外した後にフレームと繋がってるステーを外す。

・エアクリボックスのノズルのバンドを4mm六角で緩める(六角は長いやつを用意)

・ICSからエアクリボックスに繋がってるホースを外す。

・エアクリボックスを気合でぶっこ抜く。




こんな感じ。(別の機会に写真付きで詳しく解説の予定は未定)




あとはスロットルボディのスプリングの引っ掛けを変えて

エアクリボックスを元に戻す。

R0011066_R.jpg
R0011067_R.jpg



エアクリボックスを戻す時はスロットルボディに繋がるノズルに

シリコンスプレーを吹いておくと入りやすいです。

潤滑大事。



組んだ日の夜に保土ヶ谷まで走ってみたり。

いつもの宮ヶ瀬道志を走ってみたりしての感想。

R0011070_R.jpg



スロットルは若干ではあるが開けやすくなっている。

特に開けはじめの部分はスロットルが軽くなっている印象。


スロットルの貼り付きも無く、スロットルから手を離せばビシッと問題無く閉じる。

この辺は問題は無い。



とはいえハゲ頭の産毛レベルの僅かな差なので気付かない人も出てくるかも。

というかぶっちゃけあんま変わらん。



費用も掛からず僅かではあるが効果も得られたものの

エアクリボックスを外す手間を考えると何かの作業のついででやるくらいに考えた方がいいかと。



もっと軽くというならノーマルのリターンスプリングを元に

径の細い芯線でリターンスプリング作成を依頼するという手もあるが

先に書いたスロットルの貼り付きというリスクも出てくるのでその辺は自己責任で。



あとエアクリボックスの脱着は何かと面倒なので、タンク下スペース確保とメンテナンス性向上の為に

ミスターMTの某氏に習ってエアクリボックスを除去してパワーフィルター化した方がいいかもしれない運転。


以上

=================================
ヤフオクでスロットルボディを競り合った相手がTwitterのフォロワーだった可能性。
にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ にほんブログ村 バイクブログ ヤマハへ にほんブログ村 バイクブログへ

  1. 2018/04/25(水) 01:27:36|
  2. MT-01
  3. | コメント:2

あかるいハイビーム化計画!(成功)の巻

----------前回の裏スジ----------

MT-01のHiビームにクロライトのLEDバルブを入れてみたが、
明るさ、照射範囲共にハロゲンバルブ以下の装飾用LEDヘッドライトバルブだった。

http://suzudoza.blog84.fc2.com/blog-entry-1146.html

-------------------------

明るさ求めるなら放熱とコントローラが付いたものを使わないとダメだよね!

って事で今回導入したのが


スフィアライト ライジング2

R0010896_R.jpg



H7のLEDでプロテックやベロフ(byデイトナ)も候補に挙がっていたのですが、

問題は


ライト裏が狭すぎてコントローラが収まらない


という事でコントローラが小さいスフィアライトに決まりました。

R0010993_R.jpg



スフィアライトのライジングはCREEのチップを使ってたと記憶してますが、

2になってからはチップが変わってソウルセミコンダクター(ソウル半導体)製が採用されたとか。

R0010994_R.jpg



取り付けます。

Hiビーム部分の蓋を外してバルブを取り外して台座を取り付けます。

R0010990_R.jpg



既存の蓋は使えないので

R0010991_R.jpg


付属のゴムキャップを使います。

出っ張り部分は切り取ります。

R0010995_R.jpg



ゴムキャップを付けようとしたらバルブを抑える針金が干渉するので、

R0010996_R.jpg



ヨシムラもビックリの手曲げ加工で曲げました。

R0010997_R.jpg


ゴムキャップは普通に入れようとしたけどうまく入らなかったので、裏返したらドンピシャでした。

取り付けたら周りをビニールテープで目張りしておきます。

R0010998_R.jpg



LEDバルブを取り付けて電源はHiビームの配線ぶった切って平型端子差し込んで

ビニールテープを巻いて完了。

R0010999_R.jpg



試しに動作させてみましょう。

R0011000_R.jpg



うぉっ、まぶし!(テンプレ)

R0011001_R.jpg


点灯も問題なしです。



この日の夜は用事があったので翌日の夜、実際に点灯してみます。


写真じゃ分かりにくいですが、真ん中に光が集中しつつも

周りもバッチリ明るく、周りが暗かったクロライトとは雲泥の差。

R0011016_R.jpg


広い場所で確認。

こっちはLoビームのHID

R0011017_R.jpg


こっちはHiビームのLED

R0011018_R.jpg



めっちゃ明るいってわけではないですが、全体的にハロゲンバルブよりかは明るく、

LoビームのHIDとは光量のさが埋まった感じです。


ただ、照射範囲はハロゲンバルブにやや劣るというか

ヘッドライト自体がハロゲンバルブで使用する前提の設計だから仕方ないといえば仕方ない。



全体的には概ね満足のいく結果となり、これで夜道も安心アンコールワットです。

寿命とかはこれから見ていきますかね。


以上

=================================
結論:クロライトはゴミ
にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ にほんブログ村 バイクブログ ヤマハへ にほんブログ村 バイクブログへ

  1. 2018/04/02(月) 01:29:02|
  2. MT-01
  3. | コメント:0

ビッグサイトに行くのはコミケとTMCSの時だけ!の巻

多くて年3回行く計算になりますね!


ということで東京モーターサイクルショー2018に3/23(金)に行ってきました。

R0010945_R.jpg
R0010946_R.jpg



金曜日は午前中は特別招待枠、午後から一般公開という事になってますが、


おうおう!この特別招待チケットが目に入らねぇか!

道を開けやがれ愚民ども!


R0010944_R.jpg



はい調子こいてスイマセン。

出展関係者に頂いたわけではなく、アレでこうしてこうやって手に入れた糞雑魚です。



それでは気になったものを紹介していきます。


先に言っておきますが、オネエチャンの写真はありません。

そういうが欲しけりゃ他を当たってください。



ウラルはまた違った渋さがある。

ブレーキはブレンボ2ピンタイプなんやね。

DSC_8659_R.jpg
DSC_8660_R.jpg



中上貴晶のMotoGPマシン

今期どこまで活躍できるのか期待。

DSC_8662_R.jpg



KTMの790Dukeも良さげだが、やっぱ1290SuperDukeRでしょ。

DSC_8668_R.jpg
DSC_8671_R.jpg


正面から見るとずんぐりむっくりしてる感あるけど、シートやフレームが細く、正直欲しさしかない。

DSC_8673_R.jpg



刀屋さん(ユニコーン)のアレが刀剣乱舞デビューと聞いて(しません

DSC_8675_R.jpg
DSC_8676_R.jpg



スズキのブースは・・・なんかあったっけ?

DSC_8678_R.jpg


イアンノーネのMotoGPマシン、今期のスズキの活躍にも期待したい。

DSC_8683_R.jpg


コンセプトモデルのスクーター、シグナス感ある。

DSC_8686_R.jpg



モトコルセの高級バイク

DSC_8693_R.jpg
DSC_8694_R.jpg
DSC_8699_R.jpg



このパニガーレ(スーパーレッジェーラ?)が総額1000万超えてる件。

たまげたなぁ。

DSC_8695_R.jpg




カワサキのNinja H2 SX SEだって。H2のちょいお得版って感じ?

名前が長いのでNinjaSEXでいいと思う。

洋ピン女優の喘ぎ声がスーパーチャージャーっぽいから大体合ってるやろ。

DSC_8703_R.jpg



あとこのZ900RS

色とカウルがオッサンホイホイって感じでかっこいい。

DSC_8705_R.jpg
DSC_8704_R.jpg



真っ赤に燃えたパニガーレV4

ドゥカティ初の市販車V4マシンって事もあって注目度抜群。

にしてもこのリアバンクの位置、車体だけじゃなくて股間も燃えそうだな。

DSC_8768_R.jpg
DSC_8764_R.jpg
DSC_8772_R.jpg
DSC_8773_R.jpg



車両はこの辺で用品を紹介していこうか。


アライのヘルメット。XDシリーズの新しいグラフィック。

DSC_8707_R.jpg
DSC_8708_R.jpg


龍のグラフィックを推していくそうだが、小学生男子に人気の

ドラゴンのお裁縫セット感あって何だかなぁ・・・



そんなアライのヘルメットグラフィックはどう決まっているか?

という話を聞いてきたのですが、色んな所にデザインを発注してその中から決めたり、

海外グラフィックのモデルからどれを採用するかを決めるそうな。


逆に海外はグラフィックのモデルチェンジが激しく、

どんどん新しいモデルが発表されて消えていくというパターンで

国内のグラフィックモデルとラインナップに差が出来る原因らしい。


もしかして国内グラフィックモデルのラインナプがアレなのは

グラフィックを選ぶアライ(日本)の中の人のセンスが
(粛清されました



そしてアライのヘルメットといえばコレ!鼓動メットの艶消し赤が出るってよ!

また01界隈が盛り上がりそうですな。

そしてミスターMT-01のあの人は早速予約したようです。流石です。

DSC_8721_R.jpg
DSC_8722_R.jpg
DSC_8787_R.jpg



MT-01の振動に勝てなかったタナックスのナポレオンミラーから

バーエンドミラーが発売されるってよ。

DSC_8719_R.jpg



でもこのバーエンド、なんかごちゃごちゃしてて正直微妙じゃね?

トライアンフのスラクストン1200Rの純正バーエンドミラーは

タナックスが作ってると聞いたけど、コレ見ると疑っちゃうよね。

DSC_8720_R.jpg



おまたせしました。コミネの時間です。

もうすっかりコミネビンテージさんと会うのはTMCSの時だけになってしまいましたな。

今回も可能な範囲で聞いた話をぶっちゃけていきます。

DSC_8782_R.jpg



注目はプレミアムモデルのジャケット。

メイドインジャパンを謳っているように縫製は日本国内で行っているとの事。

(原材料はお察し)

DSC_8723_R.jpg
DSC_8724_R.jpg


細かい作りもしっかりしてて、ファスナーもYKKのいいやつを使ってて開閉もスムーズ。

ちなみに某掲示板でYKKのファスナー使えよという書き込みがあったが、

パーカーモデル以外はほぼYKKのファスナーが採用されているからな。


ちなみにこのプレミアムモデル、どちらかと言うと海外向けのモデルで、

値段が値段なだけに国内でお目見えする事はほぼ無い(お店が置いてくれない)かもとの事。

あとコストが掛かりすぎて売れれば売れるほど利益が(粛清されました


君もこのジャケットでコミネマンプレミアムだ!

俺は・・・無いかもw

DSC_8725_R.jpg




あと、大阪モーターサイクルショーにも出店してほしいという声について。

東京と開催期間が1週間しかなく、準備期間も合わせて人員が足りないとの事。

機会があれば大阪にも出展したいとは言ってましたが、お察しください。



スパイロンバッテリー、最近用品店でも見かけるけど

説明聞いて構造は分かったけど利点がいまいち分からなかった。

誰か教えてエロい人!

DSC_8778_R.jpg



その他の写真は適当に貼っておきます。

DSC_8652_R.jpg
DSC_8684_R.jpg
DSC_8700_R.jpg
DSC_8712_R.jpg
DSC_8713_R.jpg
DSC_8714_R.jpg
DSC_8715_R.jpg
DSC_8716_R.jpg
DSC_8729_R.jpg
DSC_8731_R.jpg
DSC_8746_R.jpg
DSC_8774_R.jpg
DSC_8775_R.jpgDSC_8655_R.jpg



いつもの輪止めはプロの方にお任せしますが、

自分も何枚か撮ってきました。

DSC_8777_R.jpg
DSC_8680_R.jpg
DSC_8682_R.jpg
DSC_8737_R.jpg
DSC_8749_R.jpg
DSC_8751_R.jpg
DSC_8771_R.jpg



ちなみにスズキの人の輪止めが買えるか聞いてみましたが(聞くなよ)

予想はしてたが売ってくれないんだって残念。


そしてこの喪主の発言。流石である。






一通り巡って駐輪場に戻ると平日にもかかわらずバイクがいっぱい!

土日は酷い事になりそうやなぁ・・・

(実際土日は駐輪場難民が発生したようです)

R0010954_R_2018032616110054b.jpg




今回の戦利品です。


マン島TTのオフィシャルグッズが売っていたのでTシャツを購入。

ジャックダニエルっぽいのが良い。

ていうかまた着ないTシャツが増えてしまった。。。

R0010965_R.jpgR0010966_R.jpg



あとはAZのケミカル品購入は欠かせないとして

スズキの聖杯戦争はチートプレイ(特別招待チケット)で余裕の勝利。

カス虎とばどみゅーみんさんのジムカーナマンガは

どちらも為になる内容なのでオススメしたい。

R0010964_R.jpg


この本を買ったモーターマガジン社のブースで擬人化菌書とかいう

スズキのバイクの擬人化マンガを推していましたが、


ろくに調べもせず適当な内容でTL1000Rの事をこき下ろした

この糞マンガが反吐が出るほど嫌いです。


(詳細はWebオートバイに掲載されているので勝手に探してください)



創作活動は自由だし、自分もそういうのを読むのは好きだし

むしろ創作活動してる人をリスペクトしたりしてますが、

このマンガと作者、テメーはダメだ。



ブースでこのマンガを勧められた時に

「その汚物を俺の視界に向けんな糞がああああああ!」

と言いたい気持ちをぐっと堪えて

「その本はいいです(怒)」

と断ってきました。雇われの売り子に罪はない。



モーターマガジン社は去年、GPZ900RのみNinjaと呼ぶ会とかいう

老害サークルをTMCSに誘致した黒幕でしたが、今回は糞擬人化マンガを推してくるとか

バイク業界を潰しにきてるのか?この会社。



disはこれくらいとして、今回は東京オリンピックの影響か会場が縮小されて

出展数も減ってる感がありましたが、今回も楽しめたかなと。


とりあえずTL1000Rに代わるバイクが欲しいです。

以上

=================================
スズキさん、新型リッターVツインスポーツ出しやがってください。
にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ にほんブログ村 バイクブログ ヤマハへ にほんブログ村 バイクブログへ

  1. 2018/03/26(月) 16:05:31|
  2. バイク全般
  3. | コメント:0

河津桜ちょっと遅かった。の巻

ブログの更新が滞っていたので、広告避けついでの更新です。

今月頭の話ですが、河津桜見に行ってきました。

R0010913_R.jpg



前日の暴風雨でガッツリ散ってしまいましたが、

残った桜を撮影してきました。

DSC_8605_R.jpg
DSC_8606_R.jpg
DSC_8609_R.jpg
DSC_8616_R.jpg
DSC_8630_R.jpg
DSC_8641_R.jpg


こっちはGRで撮ったやつ。

R0010903_R.jpg
R0010908_R.jpg
R0010911_R.jpg


菜の花

DSC_8603_R.jpg



同じく黄色いやつ。

DSC_8607_R.jpg



動物とか。

DSC_8621_R.jpg
DSC_8623_R.jpgDSC_8626_R.jpg
DSC_8633_R.jpg



花より団子

R0010901_R.jpg
R0010902_R.jpg
R0010906_R.jpg



帰りの天城越えでわさびソフトは欠かせない。

R0010914_R.jpg


わさびといえばわさび漬けのおねえさん、今年もいなかった。

失望しました、来年からは三浦で河津桜を見ます。


以上

=================================
写真の無断転載は発覚したら10万円請求します。
にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ にほんブログ村 バイクブログ ヤマハへ にほんブログ村 バイクブログへ

  1. 2018/03/18(日) 23:25:02|
  2. ツーリング
  3. | コメント:0
前のページ 次のページ

ここの人

すずどざ

Author:すずどざ
TL1000RとかMT-01とかのバイクのお話がメインで
その他いろんな事をgdgd書いてる
日記みたいなサムシングです。

twitte

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

RSSフィード